中央学院高・大谷拓海選手がセガサミーへ、プロ志望から一転

大谷拓海, 中央学院高

甲子園での試合終了後に「プロ志望届を出します」と話していた、中央学院高の大谷拓海選手が、社会人のセガサミーに入社を予定していることが分かった。

プロ志望から一転、3年後を目指す

大谷拓海選手は中央学院のエース&4番バッターとして、昨年秋は関東大会を制覇した。明治神宮大会では初戦で優勝した明徳義塾と対戦し敗れたものの、神宮球場のレフトスタンド中段に運ぶ特大のホームランを放ち、プロのスカウトから注目されていた。

今年はセンバツ、そして夏の大会で甲子園に出場したが、5月に代休を頭に受けて頭蓋骨を骨折、1か月安静が必要だった。しかし、西千葉大会の4回戦から復帰すると、決勝戦では軽くスイングしてZOZOマリンのスタンドに運ぶなど力を見せた。

甲子園では初戦で敗退し、大谷選手は3打数ノーヒット1打点2三振に終わると、試合後には「プロ志望届を出したいと思います。打者としていきたい。投手は、自分よりも速い球を投げる投手はたくさんいると思うので。打者にしようと思いました」と話し、プロ志望と野手としてプレーすることを話していた。

しかし、その後、相馬監督や両親と話し合いを続けた結果、社会人野球に進むことを決断した。相馬監督は「頭のケガのこともあった。今の力では社会人1年目から活躍するのも大変だし、自分と周囲の評価を冷静に判断しようという話もしました。」と話した。相馬監督は社会人野球のシダックス出身で、社会人野球も選択肢にあることを大谷選手に伝えた。

プロ志望の思いがある中で、その道を変え社会人に進むことを決断するのは、大谷選手にも大変なことだったと思う。今年は頭蓋骨骨折と辛いこともあったが、2度の甲子園出場もあり波乱の1年間になった。プロ志望をすれば、その長打力を買われてドラフト会議では下位などで指名の可能性があったと思うが、大谷選手が納得しての進路の決断であれば良い。社会人で3年間プレーし、野手として長打を打てる選手になってほしい。また投手についても、この3年間で新たな可能性が出るかもしれず、この3年間は間違いじゃなかったというものにしてほしい。

相馬監督も「プロ入りの目標を持ちながら、社会人野球で人間的にもさらに成長してほしいです」と大谷選手の背中を後押しした。

今日のプロ志望表明
2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
セガサミーのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

引退後も練習を重ね、現在体は万全だ。社会人シダックス出身の相馬監督は「頭のケガのこともあった。今の力では社会人1年目から活躍するのも大変だし、自分と周囲の評価を冷静に判断しようという話もしました。プロ入りの目標を持ちながら、社会人野球で人間的にもさらに成長してほしいです」と話した。


PAGE TOP