常葉大菊川・奈良間大己選手が大学進学を決断

奈良間大己, 常葉大菊川

常葉大菊川でこの夏に活躍を見せ、U18代表でもセカンドですべての試合にスタメン出場した奈良間大己選手が、大学進学を決断したことが分かった。

プロか大学で迷うも

奈良間大己選手選手は常葉大菊川で1番遊撃手としてプレーし、静岡大会では打率.818と驚異的な成績を残すと、甲子園でも1回戦でバックスクリーン横にホームランを放ち、ショートでもプロのスカウトの目に留まるプレーを見せた。

この活躍もありU18代表にも選抜されると、アジア選手権ではセカンドとして5試合でスタメン出場をし、小園選手と二遊間を組んだ。

元々は大学進学が既定路線だったが、甲子園以降、プロのスカウトも評価も急上昇し、甲子園後には進路について「迷っています」とプロ志望の考えがあることも見せていた。

U18アジア選手権終了後の先日も、プロか大学かで迷っていると話し、進路は国体までに決めるとしていたがこの日、奈良間選手が「大学でやります。4年後にプロに行けるように、最初から意識していきたいです」と話し、大学進学を決断したことを明らかにした。

奈良間選手は「まだまだ走塁も打撃も弱いので、しっかりしていきたいです」と話し、U18では木製バットで苦労したことなども、進路に影響をしたかもしれない。10月1日には福井国体の1回戦で金足農と対戦する。進路もしっかりと決まり、吉田輝星投手と対戦する。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)

日刊スポーツの取材に、奈良間が「大学でやります。4年後にプロに行けるように、最初から意識していきたいです」と明言した。

U18アジア選手権には、同校の根来龍真捕手(3年)とともに出場し、本来の遊撃手ではなく、二塁手としてプレー。大会終了直後には「迷っています」と言い、家族や関係者と相談を重ね、この日までに決断した。

 


PAGE TOP