春日部共栄の146キロ右腕・村田賢一投手、1回5失点も開花の秋

春日部共栄, 村田賢一

秋季高校野球関東大会は、桐蔭学園が春日部共栄に9-6で勝利し優勝した。春日部共栄はエースで146キロの速球を投げる村田賢一投手が初回に5失点し力尽きた。

開花の秋

村田賢一投手はこの日、初回の先頭打者に3ベースヒットを浴びると、そこから6連打を浴びるなど1回8安打5失点して降板し、2回からはファーストを守った。村田投手は今大会で3試合25回を投げ、すでに球数は370球になっていた。握力がなくなっており、「言い訳になってしまう。自分の力不足です」と話した。

村田投手は182cmから最速146キロの速球を投げるが、2年夏まではケガなどで公式戦の登板は1年生の秋の1試合に登板したのみだった。しかしこの秋は埼玉大会はすべて一人で投げ、関東大会も準決勝まで一人で投げた。また4番としても関東大会では15打数4安打で5打点の活躍で、本多監督も「村田のおかげ」と話した。

村田投手は小学校6年生の時にジャイアンツジュニアに選ばれ、将来の可能性を認められていた。もともとは野手としてプレーしていたが、中学2年生の時の本格的に投手を始め、現在では146キロを記録する投手となった。

村田投手は「まだまだ打てないし、投げられない。変化球も何もかも相手が2枚も3枚も上でした。」と話し、「自分は下半身が安定していないし、まず体が負けている。今回で何を投げるか分かったと思うから、キレを良くしてストレートだと分かっていても当てられないような球を投げたい。」と課題と目標を見つけた。そして「150キロが目標」と来年には150キロを記録すると宣言した。

明治神宮大会には出場できなくなったが、来年春のセンバツ出場は確定的、まだ72kgと線の細さもある村田投手、この冬にトレーニングで体重が76kg以上になり、球の重さ、そして球速が増してくれば、来年の注目投手の一人となる。

2019年のドラフト候補

村田は“エースで4番”として「有名になりたい」と臨んだ初めてのシーズンを終え、課題も見つかった。「まだまだ打てないし、投げられない。変化球も何もかも相手が2枚も3枚も上でした。自分は下半身が安定していないし、まず体が負けている。今回で(自分が)何を投げるか分かったと思うから、キレを良くしてストレートだと分かっていても当てられないような球を投げたい。150キロが目標」と力強く言った。


PAGE TOP