常葉菊川・奈良間大己選手が立正大合格

常葉菊川, 立正大, 奈良間大己

常葉菊川で甲子園で活躍し、U18代表にも選出されて活躍を見せた奈良間大己選手が、立正大に合格した。

夏以降注目急上昇

常葉菊川の奈良間大己選手は、この夏の静岡大会で打率.818を記録し、甲子園に最高打率選手として登場した。そして甲子園では特大のホームランを放つなど、1番バッターとして高い打撃技術とパワーを見せ、またショートとしての動きにもプロのスカウトが注目をした。

そして大会後、侍ジャパンU18代表に選出され、根尾昂選手、小園海斗選手とともにショートの練習に参加、試合ではセカンドで出場した。その中で、「小園や根尾、藤原はスピード感や肩の強さが違った。木製バットで遠くに飛ばし、逆方向にも強く打てた」と実力の差も感じ、甲子園終了時はプロ志望の可能性も指名していたが、プロ志望届は提出せず大学に進学することを決めた。

多くの大学から誘いもあったと思うが、立正大を志願したことについて「選手主体で考える野球。菊川とスタイルが似ていること」と話し、大学でもフルスイングと守備を磨けるチームとして推薦の出願をし、この日、公募制スポーツ推薦入試で合格した。

合格をしたことについて、「うれしいというより、もう一度夢に向かって気を引き締めてやってやろうという思いです」と話した。東都リーグで1年生から1番ショートとして活躍を見せるかもしれない。小園選手からは、「プロで待っているぞ」と連絡があった。4年後、小園選手のように1位で複数球団が指名をするような選手になってほしい。

プロ志望届を出さなかった注目選手・高校生(2018)
侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

今夏静岡大会で打率・818と驚異的な打率を残し、甲子園でも中堅左に特大弾をぶち込むなど好守で輝きを放った。U―18日本代表にも選ばれ、アジア選手権大会3位に貢献。気持ちが大学志望からプロへと傾いたのも事実だ。それが日の丸を背負って戦う中で「(ドラフト1位指名された)小園(報徳学園3年)や根尾、藤原(大阪桐蔭3年)はスピード感や肩の強さが違った。木製バットで遠くに飛ばし、逆方向にも強く打てた」と能力差を思い知らされた。


PAGE TOP