センバツ出場の吉報を待つ選手たち・東日本編

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

明日25日に2019年のセンバツ出場校が発表される。吉報を待つドラフト候補を2日間に渡り紹介します。まずは東日本から。

北海道

札幌大谷は昨年の明治神宮大会で優勝し注目を集めた。西原健太投手は184cm90kgの体格から現在は142キロが最速、しかし甲子園で150キロを目指すことを目標に冬のトレーニングを重ねている。札幌大谷が明治神宮大会で優勝したおかげで出場が濃厚となった札幌第一、村田凜捕手は秋に4本塁打を打つ強打の捕手、山田翔太投手は135キロの速球を投げるエースで強気な投球が持ち味。

東北

八戸学院光星の武岡龍世選手は遠投110mの強肩遊撃手で通算14本を超すホームランを放っている。足もあり長打もある選手として明治神宮大会でもショートで動きの良さを見せた。東北大会ベスト4の花巻東には西舘勇陽投手がいる。182cmの右腕で入学時から注目されており、2年ではやや伸び悩んだが142キロの速球を投げる。

関東

桐蔭学園の森敬斗選手は昨年秋に大きく評価を高めた。177cmの遊撃手で関東大会でサヨナラ満塁ホームランなど2本塁打、またショートでは捕球のところでは課題も見られるが、ファーストへの強い送球ができる。春日部共栄の村田賢一投手は182cmから146キロの速球を投げ、甲子園での150キロを目指している他打撃でも注目される。習志野の飯塚脩人投手も146キロを記録、制球が良い時は手が付けられない投球をする。

山梨学院の野村健太選手は高校通算32本塁打の180cm88kgの右のスラッガー、東京優勝の国士舘高校は1年生で182cmの鎌田州真選手が遊撃手として良い動きを見せる。打撃が挙がってくれば再来年のドラフトで楽しみな選手。東海大菅生も1年生の杉崎成選手が4番バッターとして1年で20本塁打を放ち注目される。

横浜は153キロ左腕の及川雅貴投手が高校BIG4として注目され、小泉龍之介選手も身体能力が高く何でもできる選手。新2年生にも注目選手がいる。東海大甲府は加藤匠選手が投手としても野手としても高い野球センスを見せ、佐野日大は清水大河選手が広い守備範囲と巧打を見せる。

東海

東邦は石川昂弥選手が通算37本塁打の打撃のある185cmの右のスラッガーとして注目される。144キロを投げる投手として登板するが、守備の動きも見てみたい。またショートの熊田任洋選手は動きの素晴らしい遊撃手として注目される。中京学院中京は小柄ながらセカンドまで1.9秒の肩を見せる藤田健斗捕手と、鋭いスライダーを投げる左腕の不後祐将投手のバッテリーが良い。津田学園には182cmから147キロを投げ、東海大会で2試合連続2ケタ奪三振の前佑囲斗投手、東海大会で3試合連続ホームランの前川夏輝選手などスケールの大きな選手がいる。

北信越

今大会の再注目選手、星稜の奥川恭伸投手が1998の松坂大輔投手のような活躍を見せるかどうか。捕手の山瀬慎之助選手、内野手の東海林航介選手の他、新2年生の内山壮真選手などがどんなチームに仕上がってくるか。啓新は現時点で注目選手はいないが、星稜と決勝で延長15回を引き分け、再試合も戦った高い実力を持つチーム。

2019センバツ出場チームの予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント