秋季高校野球地区大会終了、センバツ出場チームの予想

各地区で行われた秋季高校野球大会が終了し、来年春のセンバツ出場候補が顔をそろえた。センバツ出場校を予想する。

北海道(1枠)

優勝した札幌大谷が出場確定的。準優勝は札幌第一

札幌大谷高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東北(2枠)

優勝の八戸学院光星と準優勝の盛岡大付が確定的。ベスト4には花巻東と古川が入っている。古川は21世紀枠での出場の可能性が高そう。

八戸学院光星高校盛岡大付属高校

関東・東京(6枠)

関東優勝の桐蔭学園と準優勝の春日部共栄、ベスト4の習志野、山梨学院、東京優勝の国士舘までの5校は例年通り出場確実。のこり1校を関東ベスト4の佐野日大、前橋育英、横浜、東海大甲府、東京準優勝の東海大菅生が争う。

横浜と前橋育英は準々決勝でコールド負けしており、ネームバリューのあるチームだがさすがに厳しいかもしれないが、優勝した桐蔭学園に敗れた佐野日大も1-8と点差を着けられており、習志野に敗れた東海大甲府は4-8で敗れているもののどこにも決め手がない状況。東海大菅生は決勝で3-4と接戦を演じており、東海大菅生が有力か。

桐蔭学園高校春日部共栄高校習志野高校山梨学院高校国士舘高校東海大菅生高校

東海(2枠)

優勝した東邦は順当に選出されそうだが、準優勝の津田学園は決勝で2-10で敗れており、逆に準決勝で中京学院大中京が東邦と延長10回で9-10の接戦で敗れており、中京学院中京が有力か。もう1校のベスト4は中京大中京。

東邦高校中京学院大中京高校津田学園高校

北信越(2枠)

優勝した星稜と準優勝した啓新が順当に選出されそうだ。ベスト4には東海大諏訪と上田西の長野勢が入った。

星稜高校啓新高校

近畿(6枠)

優勝の龍谷大平安、準優勝の明石商、ベスト4の履正社、智弁和歌山は順当に選出されそう。

残り2校はベスト8の福知山成美、大阪桐蔭、報徳学園、市和歌山から選ばれそうだが、優勝した龍谷大平安に4-5の接戦で敗れている市和歌山と準優勝の明石商に0-4で敗れている報徳学園が有力。昨年春夏連覇の大阪桐蔭はネームバリューがあるものの、2-5で敗れた智弁和歌山が準決勝で明石商に0-12の5回コールド負けをしており厳しいか。

龍谷大平安高校明石商業高校履正社高校智弁和歌山高校市立和歌山高校報徳学園高校

中国・四国(5枠)

中国地区優勝の広陵と準優勝の米子東、四国地区優勝の高松商と準優勝の松山聖稜の4校は出場が確定的。

残り1校を中国ベスト4の創志学園、呉と四国ベスト4の富岡西、高知商が争う。中国大会では米子東に延長13回の末に敗れた呉が有力、創志学園は1-8と8回コールド負けをしたものの、7回まで接戦を演じており、かつて、コールド負けをしたものの終盤まで接戦だったことを評価されて選出されたチームもあるので、可能性がないとは言えない。

四国は優勝した高松商に敗れたのは高知商だが準決勝は4-10。一方、富岡西は松山西に3-5で敗れており、決勝も3-1と差がなかったこともありどちらが選ばれるかは非常に微妙。中国と四国、どちらから選ばれるかは明治神宮大会での戦い方が影響するかもしれない。

広陵高校米子東高校高松商業高校松山聖陵高校

九州(4枠)

優勝の筑陽学園、準優勝の明豊は順当だろう。ベスト4の大分と日章学園だが、大分は準決勝で優勝した筑陽学園に延長12回の戦いをしており有力だろう。日章学園は明豊に4-10で敗れており、準々決勝では興南が筑陽学園に延長13回で0-1という接戦をしており、興南が選ばれる可能性もある。

筑陽学園高校明豊高校大分高校、※日章学園、※興南高校

このほかに、明治神宮大会で優勝した地区に1校出場枠が追加され、また21世紀枠では3校が出場する。


PAGE TOP