今年チェックしたいドラフト候補(その3)~高校生内野手~

川野涼多, 近藤大樹, 塩唐松宏将, 渡邉勇磨, 白井裕斗, 河野智尋, 上野響平, 石井巧, 菅原礼央, 田口夢人

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手で、ぜひチェックをしてみたいという選手がたくさん紹介されています。今年、できれば1度は見てみたい選手を挙げていきます。今日は高校生内野手で守備中心に注目したい選手。

健大高崎・田口夢人選手

田口夢人選手は166cmの内野手の内野手で、2016年のU15代表では背番号4をつけてセカンドを守りファインプレーを連発すると、準決勝のパナマ戦では9番バッターだったが貴重な決勝の1点を奪い、決勝のキューバ戦では4打数3安打1打点の活躍を見せている。昨夏は3回戦にセカンドの守備固めで出場したのみだったが、勝負強さと守備を見てみたい。

九州学院・川野涼多選手

川野涼多選手はショートとして動くがよく、深い位置からの送球も安定感があるという。50m5.9秒の俊足もあり、打撃を磨いて出塁する技術を身に着ければ1番遊撃手として活躍できる選手になるかもしれない。

旭川大高・菅原礼央選手

菅原礼央選手は昨年夏の甲子園に出場すると、168cmだがショートでダイナミックなプレーを見せた。動きが良くプレースタイルが大きくて目を引く。打撃でも北北海道大会決勝でタイムリーを打つなど勝負強さもある。

山形中央・渡邉勇磨選手

渡邉勇磨選手は170cmの内野手で、50m5.9秒の足があり、シングルヒットを2ベースヒットにする足がある。打席で粘りがあり、カウントを良い状態にして狙い撃つなど技術もありそうだ。

作新学院・石井巧選手

石井巧選手は兄が日本ハムの石井一成選手。昨年夏の甲子園でショートのレギュラーとして出場すると、軽快な守備を見せた。打撃では6番を打ったが初戦で大阪桐蔭と対戦し、柿木投手の前にノーヒットに抑えられた。早稲田大への進学が有力かもしれないが、今年はプロが注目する投手から打って、打撃でも成長を見せたい。

京都国際・上野響平選手

上野響平選手は1番ショートとして足と守備でスピード感あふれるプレーをするという。京都国際高校からは曽根海成選手、清水陸哉選手など身体能力に優れた選手が出ており注目したい。

市川・河野智尋選手

河野智尋選手は174cmの内野手、セカンドはショートよりも難しいポジションだが、併殺時の送球や、カバーリングなどの動きも良く、また強肩で投手や捕手としてもプレーする。

関西・白井裕斗選手

白井裕斗選手は昨年秋に3番ショートで出場し打率.636を記録した。遠投120mの肩があり、投手として登板して146キロを記録する。関西高校も身体能力の高い選手が出てくるが、白井選手がどのような選手になっていくのか非常に楽しみ。

鳴門・塩唐松宏将選手

塩唐松宏将選手は昨年夏の甲子園に出場し、1番セカンドでプレー。2年生だが攻守でチームの大黒柱のような存在に見えた。投打に成長した力を見たい。

西日本短大付・近藤大樹選手

近藤大樹選手は侍ジャパンU15代表で背番号6をつけ、1番ショートとしてプレーをした。西日本た院大付でも1年時からショートで守備、走塁でセンスを見せており、打撃で成長を見せれば楽しみな選手。

2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP