期待と目標大きく、スーパー1年生が目標を語る

関戸康介, 森木大智, 清宮福太郎, 松浦慶斗, 安達大和, 千葉倖生, 伊藤樹, 笹倉世凪

春季高校野球大会では、スーパー1年生が続々と高校野球デビューをしている。仙台育英には147キロを記録している笹倉世凪投手、144キロを記録している右の伊藤樹投手、186cm左腕の千葉倖生投手が入学した。

仙台育英

仙台育英に入学した笹倉世凪投手は、系列中学校で軟式の強豪・秀光中出身。昨年夏に全国準優勝を果たし、最速は147キロを記録する。菊池、大谷、佐々木朗希投手などを輩出している岩手県出身で、「158キロを出して、チーム全員に愛される選手になりたい」と目標を話した。また、右腕の伊藤樹投手は秀光中で捕手としてプレーし笹倉投手の球を受け続けたが、投手としても144キロの速球を投げる。

中学時代から二人を指導してきた須江監督が仙台育英の監督に就任し、二人を指導し続ける事になるが、「いいものを持っている」と話した。必ず二人をプロへ送りたい。

また仙台育英には186cm94kgの体がすでにある左腕・千葉倖生投手も加わる。須江監督が「素材はすごいものがある。プロを狙える左腕に育てたい」と話した逸材で、千葉投手も「2年後の夏には最速150キロ以上を出せるようになって、日本一になりたい」と話した。他にも中学時代に楽天シニアでプレーした中村和寛投手が「東北勢初の優勝旗をつかみます。155キロ以上投げたい」と話すなど、目標と素質の高い選手がそろう事で相乗効果で150キロ投手陣を形成するかもしれない。

世代NO.1は

高校野球には、その世代の選手たちが目標にする世代をリードする存在がいる事が多い。今年の高校3年生では奥川恭伸投手だったり、及川雅貴投手だったりして、そして現在は佐々木朗希投手がそういう存在だろう。その存在がいることで世代の選手たちが成長し、松坂世代のようなものが作られる。

今年の1年生の世代では、それは高知中時代に150キロを記録して高知高に入学した森木大智投手だろう。森木投手は4月9日に入学式を終えると、13日の八幡浜との練習試合で登板し144キロを記録すると、21日の関西戦では先発して4回3失点も145キロを記録した。この森木投手は「卒業までに165キロを出すことが目標」と話すが、同世代の笹倉投手、伊藤投手とは連絡をやり取りする仲で「負けたくない存在」と意識をしている。

他にも明徳義塾中で146キロを記録した大阪桐蔭に進んだ関戸康介投手や、184cmの左腕で北の怪腕と注目された松浦慶斗投手も大阪桐蔭に入った。野手でもリトルリーグ時代に70本塁打を放っている清宮福太郎選手は早稲田実に入学し、横浜高に進んだ安達大和選手は既に外野手としてスタメンで出場している。

2年後の2021年のドラフト会議ではここに名前の挙がった選手の他にも、大勢の令和の怪物が登場していることを期待したい。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

仙台育英Wエース候補、笹倉・伊藤 デイリースポーツ「週刊デイリー高校野球」 2019/4/24

 

笹倉も「158キロを出して、チーム全員に愛される選手になりたい」

中学硬式野球で東北準優勝となった右腕・中村和寛も「東北勢初の優勝旗をつかみます。155キロ以上投げたい」と意気込む。


PAGE TOP