東農大三が花咲徳栄に勝利、飯島一徹投手が145キロ

飯島一徹, 東農大三

春季埼玉大会では東農大三が花咲徳栄に7-5で勝利、エースで主軸を打つ飯島一徹選手が投打に活躍を見せた。

埼玉屈指の投手

東農大三の飯島一徹投手はこの日、花咲徳栄戦に満を持して先発をすると、自己最速となる145キロを記録した。そのストレートに緩急をつけ花咲徳栄打線を抑えにかかるが、1番から9番までスイングが他のチームとは違う強打の花咲打線も飯島投手に2桁安打を浴びせ5点を奪った。

しかし、飯島選手は投げるだけではない。打者としても埼玉屈指の強打者で、この日は3回1アウト満塁で打席に入ると、ライトオーバーの2ベースヒットで走者を一掃した。この得点で突き放し、花咲徳栄に勝利した。飯島投手は「花咲徳栄や浦和学院を倒してベスト4に入ることを目標に、東農大三に入りました。勝てたことがものすごくうれしくて」と話した。

埼玉では春日部共栄の146キロ右腕・村田賢一投手と昌平の143キロ左腕・米山魁乙投手が注目されているが、地元の高校生の間では、東農大三の飯島投手の名前が早くから挙げられていた。この日は5失点をしたものの、埼玉大会を見た人なら、花咲徳栄打線を5点に抑えるのはすごいと思えるだろう。

これで東農大三は関東大会に進出を決めた。飯島投手の投球ももちろん、打撃にも注目をしたい。

2019年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

名前は、昭和を代表する野球漫画「巨人の星」の父・星一徹に由来。181センチ、82キロの体格から繰り出す直球は最速145キロまで伸び、一昨年夏の甲子園優勝校を倒すまでに進化した。

飯島は、打席でも3回1死満塁で走者一掃の左越え二塁打を放つ大活躍。「エンドランのサインのつもりで打ったら、どうやらスクイズのサインだったみたいで」と運も味方した。


PAGE TOP