慶応大・柳町達選手が3ラン&3安打、DeNAスカウト「このまま打てば上位」

慶応大, 柳町達

東京六大学では慶応大vs法政大の3回戦が行われ、慶大・柳町達選手が3打数3安打、3ランホームランを放つ活躍で法政大から勝ち点を奪った。横浜DeNAのスカウトが評価をしている。

95安打

4年春のプレッシャーを柳町達選手ははじき返した。今季にリーグ通算100安打とプロ入りの夢がかかっていたが、開幕から3試合連続でマルチヒットを記録すると、法政大2回戦では初めてノーヒットだったものの、この日は3安打で猛打賞、リーグ通算を開幕前の85本から95本に伸ばし、令和になって初のリーグ100安打は間違いなく達成しそうだ。

この日、1番サードで出場した柳町選手は初回にレフト前にヒットを打つと、3回にもレフト前に運んだ。5回には四球を選んで出塁すると、正木智也選手の2ランホームランで同点に追いついた。

そして4-4で迎えた6回1アウト1,3塁の第4打席、柳町選手は高めのストレートを振りぬくと、打球は右中間スタンドの中段に届いた。決勝で勝ち越しの3ランホームランだった。「今までのホームランの中でも一番の手応えだった」と本人も絶賛のホームランだった。

視察した横浜DeNAの河原スカウティングディレクターは「この調子で打っていけば上位の可能性もある」と評価した。

値千金の3ランホームランで法政大から勝ち点を上げ、優勝に向かって進んでいる。「勝利につながる一本を打つ意識の積み重ね。優勝したい」と話す柳町選手、そしてそのまま進んでいけば、令和最初のリーグ通算100安打、そしてドラフト上位指名でのプロ入りが待っている。

2019年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨秋は3番だったが、今春は打席が多く回る1番を務めて5試合で10安打と量産。DeNAの河原隆一スカウティングディレクターは「この調子で打っていけば上位(指名)の可能性もある」と高く評価した。


PAGE TOP