関西の注目右腕、和歌山東・落合秀市投手と大商大高・上田大河投手に注目

大商大高, 落合秀市, 和歌山東, 上田大河

近畿の高校生では、和歌山東の147キロ右腕・落合秀市投手と、大商大高の148キロ右腕・上田大河投手が注目されている。夏に向けてさらに大勢のスカウトが集まりそうだ。

近畿BIG2

今年の近畿地区の高校生投手では、これまで履正社の145キロ左腕・清水大成投手や、社の147キロ右腕・藤本竜輝投手が期待も込めて評価が高かったが、春に球速を伸ばした二人がBIG2の様相だ。

和歌山東の落合秀市投手は、185cm90kgの大きな体があり、この春に最速147キロを記録した。上から投げ下ろさせるストレートは常時145キロを記録し、変化球もコントロールされていた。プロも9球団のスカウトが視察をしており、巨人・中日が、「奥川君の方が完成度はあるが、素材としては同じぐらい」などと、四天王の奥川投手、西投手クラスという評価もしている。

夏の和歌山大会では大いに注目されそうで、活躍次第では甲子園もそうだが、U18代表メンバー入りも期待される。

そしてもう一人は大商大高の上田大河投手、こちらも182cm80kgの体があり、この春に148キロを記録した。常時は140キロ前後で両サイドにコントロールされた球を投げる。また、振り抜きの良い腕と柔らかい手首で変化球もキレイに抜くことができ、カーブ、スプリット、チェンジアップを効果的に投げられる。

こちらも春は5球団のスカウトが見守る前で登板し144キロを記録した。まだ力自体は四天王には届かなさそうでスカウトの具体的なコメントもなかったが、センスの良さなどが評価されており、こちらも夏の登板が待ち遠しい。

関西では、U18代表候補合宿にも参加し、昨年夏の甲子園や春の近畿大会でも好投を見せた近江の林優樹投手が、得意のチェンジアップとキレイなフォームで注目される他、光泉高の吉田力聖投手が144キロ、京都国際の酒井海央投手が147キロ、大阪偕星の坪井悠太投手も145キロの速球を投げる。

この夏、近畿NO.1の評価を受ける投手は誰か、注目したい。

2019年度-近畿のドラフト候補リスト

デイリー特命スカウトが行く デイリースポーツ紙面 2019/6/5

 


PAGE TOP