山梨NO.1投手、東海大甲府の143キロ右腕・加藤匠投手

東海大甲府, 加藤匠

山梨では東海大甲府の143キロ右腕・加藤匠投手が、県NO.1と注目される。

143キロ右腕

加藤匠選手は179cmでしっかりした体のある右腕、最速は143キロを記録し、スライダー、カーブ、チェンジアップといった一通りの変化球もキレ良く投げることができる。また打撃や野手としての評価が高く、5番を打ち、登板しない時はサードで出場する。

この春の山梨大会では2試合連続で12奪三振を記録したが、駿台甲府戦では9回1/3を投げて11奪三振も11安打6失点で敗れた。また5番バッターとして2安打も得点機に「自分が決めてやろうという気持ちが強すぎた」と空回りし、村中監督は試合後から2週間、加藤選手を練習試合のメンバーから外したという。

加藤投手はその間に4日間で500球の投げ込みをするなど、投手としての練習を集中的に取り組み、村中監督も「フォームのバランスをしっかり意識して投げている。」と話して練習試合メンバーに復帰させると、「加藤が戻ったら勝てるようになった。あいつが変わればチームも変わる。全幅の信頼を寄せていますよ」と話した。

将来についてはまだ分からないが、山梨NO.1としてこの夏の大会で注目したい。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-山梨県のドラフト候補リスト

 最速143キロの直球に、キレのあるスライダー、カーブ、チェンジアップなどを織り交ぜてアウトを重ねる。昨秋は県大会優勝に貢献。しかしAシードで臨んだ今春は、駿台甲府との準決勝で延長10回に決勝弾を許した。9回1/3を投げて11奪三振も11安打6失点。5番で2安打も得点に絡めなかった打撃を含め「『自分が決めてやろう』という気持ちが強すぎた」と反省した。


PAGE TOP