大阪大会の組み合わせが決定、大商大高・上田大河投手は148キロ

清水大成, 井上広大, 西野力矢, 上田大河

大阪大会の組み合わせが決定、スポーツ紙各紙で紹介されている展望に紹介された選手をまとめます。

スポニチ

センバツに出場し、投打ともに戦力が充実する履正社と、夏の甲子園で2連覇を狙う大阪桐蔭が2強となる。春の二異界で初優勝を飾った大商大高、大阪偕星学園、近大付と好投手を擁するチームが対抗勢力。東海大大阪迎星、大体大浪商なども地力あり、混戦模様だ。

日刊

大阪桐蔭は春夏Vの主力が抜けたが西野力矢内野手ら好選手がそろう。センバツ出場の履正社は地力では1番。春優勝の大商大高は上田大河投手に注目。大阪偕星学園、近大付、東海大大阪仰星、大体大浪商、関大北陽、八尾など実力伯仲。

報知

履正社はプロ注目の清水大成井上広大ら主力の経験が豊富。スター不在の大阪桐蔭は総合力で勝負する。2強の壁は例年に比べて厚くなく、最速148キロ右腕の上田大河を擁して春Vの大商大高、春2位の箕面学園、大阪偕星学園、大体大浪商などにも勝機はある。

2019年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト


PAGE TOP