香川大会の組み合わせが決定、高松商がリードか

黒河竜司, 香川卓摩, 上杉綸聖

香川大会の組み合わせが決定、スポーツ紙各紙で紹介されている展望に紹介された選手をまとめます。

スポニチ

センバツで1勝した高松商が軸になりそうだ。エース・香川卓摩を中心に守備は堅い。打線も切れ目がなく、総合力は非常に高い。春の県大会を制した四国学院大香川西、強力打線の尽誠学園、英明が対抗に挙がる。春4強の高瀬、志度、三本松など公立勢も底力がある。

日刊

センバツに出場した高松商がリード。多彩な変化球を操る香川卓摩投手を柱に、打線もくれメガなく投打でレベルが高い。春の県大会を制した四国学院大香川西、同準優勝の尽誠学園は打力が武器。好投手擁する英明、藤井学園寒川が後を追う。

報知

高松商が本命。高校日本代表候補左腕の香川卓摩は今春センバツでも好投し、打線も得点力がある。春優勝の四国学院大香川西、選手層が厚い尽誠学園が追う。英明は2年春の甲子園を経験した黒河竜司、三本松は上杉綸聖と、四国を代表する右腕に期待がかかる。

2019年度-高校生-香川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP