高校生NO.1野手の争いは続く

石川昂弥, 森敬斗

今年のドラフト候補で、高校生投手は大船渡の佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、横浜・及川雅貴投手、創志学園・西純矢投手の名前が挙がり、佐々木投手がやや抜けているという評価となっている。しかし高校生野手は昨年の根尾選手・藤原選手・小園選手のように、名前がすぐに挙がってくる選手は少ない。

高校NO.1野手は

今年の高校生で野手のNO.1は?と聞くと、最も多く名前が挙がるのは、東邦の石川昂弥選手だろう。センバツでは優勝投手の活躍に、打っても2本塁打を放った。185cmの右の大砲でスカウトの評価も高い。

今日のデイリースポーツの特命スカウトのコーナーでは、ヘッドスピードが速い選手ではないが、タイミングの取り方が非常に良い、ボールを運びながら打つ技術は素晴らしいと評価され、広島・鈴木のように持ち前の体の強さと器用さで、中長距離タイプの打者になれそうだとしている。

鈴木誠也選手かどうかは置いておき、この評価については同感で、振りが鋭い選手ではなく、プロではホームランを量産するスラッガーというイメージがあまりなく、中距離ヒッターになっていく感じがする。

特命スカウトでは、即プロへと言いたいところだが、じっくり経験を積み上げてもらいたい。大学や社会人を経てからプロへ挙がってくるのが良いとしている。個人的にも、まだスタイルが確立していない感じで、時間を置いても良いという考えが少しある。ただ、最近のプロ野球は、高校生で獲得した野手を育てる意識があり、大学・社会人の野手は、力があってもドラフト会議で指名されるのは難しい感じもするため、入るならば高校生から入った方が良いのではないかと思う。地元中日が高く評価をしており、2位で指名される可能性がある。

その中で、桐蔭学園の森敬斗選手の評価が高いまま維持をしている。昨年秋に3本塁打の活躍を見せ、またショートの守備でもスローイングまでの動きがスムーズで、特命スカウトも守備や強いリストについて評価をしている。U18代表候補合宿では木製バットの打撃でやや非力さがあったといい、確かにサイズも175cm65kgと大きくない。

それでもショートを守る姿は体が大きく見え、流れから強くて正確な送球ができるのは素晴らしい。プロのスカウトからは「根尾以上」という声もあり評価は高い。桐蔭学園は進学する選手が多いチームだが、現時点でもまだ森選手の名前が挙がっているという事は、まだプロに進む可能性があるのかもしれない。

二塁手・遊撃手の選手は貴重で、もしプロ志望届を提出すれば、ドラフト会議前には、森選手が石川選手を上回る評価になるかもしれない。指名順位で上回ってくる可能性もある。

捕手でも智弁和歌山の東妻純平選手が、またスラッガータイプでは常総学院の菊田拡和選手、他にも八戸学院光星の武岡龍世選手、花咲徳栄の韮澤雄也選手などがいるが、高校生野手NO.1争いはまだまだ続いて行きそうだ。

2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

根尾以上の声も出る走攻守そろう万能型 デイリースポーツ紙面 2019/6/26

 


PAGE TOP