兵庫大会の組み合わせが決定、明石商の2年生コンビ・来田涼斗選手と中森俊介投手が注目

来田涼斗, 中森俊介, 松本凌人, 柴野琉生, 鍵翔太

夏の高校野球・兵庫大会の組み合わせが決定、スポーツ紙各紙の展望で載っている選手を紹介します。

スポニチ

今春選抜4強の明石商が軸。最速147キロ右腕の中森俊介に選抜の智弁和歌山戦で2本塁打した来田涼斗の2年生を中心に層が厚い。打力を武器に春の近畿大会準Vの神戸国際大付が追う。報徳学園、東洋大姫路も地力があり、好投手を擁する姫路南、社、須磨翔風の公立勢も侮れない

日刊

センバツ4強の明石商が軸。来田涼斗外野手、中森俊介投手の2年生コンビを中心に戦力充実。神戸国際大付は、強力打線に左右の3投手が備わり、戦い抜く力がある。春準Vの須磨翔風、好投手のいる姫路南、社、西宮東など公立校も有力

報知

明石商は中森俊介来田涼斗の2年生コンビが今春センバツで活躍。中森に次ぐ投手が台頭すれば盤石か。近畿大会準Vの神戸国際大付は松本凌人鍵翔太の両輪に、柴野琉生ら打線も高水準。春県2位の須磨翔風、好投手を擁する東洋大姫路、社、姫路南が2強を追う。

2019年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト


PAGE TOP