夏の高校野球・静岡大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

斎藤来音, 高田塚登, 市川大晴, 小林史弥, 紅林弘太郎, 敦賀渉, 栗田和斗, 石田裕太郎, 青木蓮太朗, 藤好悠, 伊藤勝仁, 塩崎栄多, 大野裕哉

夏の高校野球・静岡大会が7月6日に開幕する。今年は全国屈指のスラッガー&遊撃手に、147キロ右腕などが揃い、地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は、ドラフト会議で指名された選手はおらず、注目選手もやや少なかったが、静岡高校の成瀬和人選手(駒沢大)、湖西高校の水野喬日投手(熊本ゴールデンラークス)などがいた。

今年は駿河総合の紅林弘太郎選手が注目される。186cm80kgの大きな体があり、しかも守備はショートを守る。特に打撃で評価が高く、狙いすまして引っ張る打球は全国屈指で、U18代表候補合宿でも星稜の奥川恭伸投手からレフトオーバーの2ベースヒットを打った。50m6.2秒、遠投100mの肩があり、どんなスタイルにもなれそうな選手だ。希望としてはホームランを打てる遊撃手になってほしいが、サードやセカンドを守り、長打の打てる選手になる事を期待したい。

投手では140キロ中盤を記録する投手が揃う。常葉橘の市川大晴投手は1年生の時に145キロを記録すると、現在は148キロまで球速を伸ばした。成長途中の選手で150キロの大台も狙えそうだ。静清の石田裕太郎投手も145キロを記録、スライダーやスプリットなど多彩な変化球を操り総合力の高い投手。知徳の栗田和斗投手は187cm90kgの体から146キロの速球を投げ、勢いで三振を奪う力がある。共にプロのスカウトがマークをしている。

そして静岡商の2年生・高田塚登投手は、とにかく三振の数が多い左腕。144キロを記録するものの、130キロ後半でも面白いように空振りが奪え、御殿場西戦では1試合16奪三振も記録した。来年のドラフト候補左腕として注目される。

その他の選手

野手では、浜松工の塩崎栄多選手の評価が高い。182cmの左のスラッガーで、4番に座り広角に外野手の頭を超すあたりを放つ。右の紅林、左の塩崎とも言われているようだ。静岡高の斎藤来音選手は甲子園で活躍を見せ、プロも注目する選手だった。その後、故障により結果を残せていなかった。しかしこの春に復帰すると、いきなりホームランを放つなど鋭いスイングを見せている。浜松開誠館の青木蓮太朗選手も181cmの右のスラッガーで、駿河総合との試合で視察に訪れていた多くのスカウトの前で、強烈なスイングを見せて評価を上げた。中村紀洋氏が指導をするスラッガー。

常葉菊川の伊藤勝仁選手は、昨年夏の甲子園で近江の林投手からレフトスタンド中段への特大ホームランを放った。飛龍の橋爪颯介選手も184cmの左のスラッガーで、場外弾も放つパワーと、50m5秒台の俊足で身体能力の高い選手。静岡商の藤好悠選手も180cmの左のスラッガーで、フルスイングから通算24本塁打を超すホームランを放つ。

常葉橘の藤本哲伯選手は181cmの大型捕手としての能力を評価されている。東海大静岡翔洋の平山将太選手は、投手としても140キロを記録する肩をショートで見せ、50m6.1秒の足など躍動感あるプレーをする。加藤学園の川上智己選手は遊撃手で素早い反応と送球ができる。

投手では島田商の小林史弥投手は175cmから140キロを記録、制球力の良い投手で、インコースにも恐れずに行く。富士宮東の大野裕哉投手は181cm80kgと体があり、粗削りだが130キロ中盤の球に力がある。清水桜が丘の敦賀渉投手も180cmから130キロ中盤の球を投げ、昨年秋に加藤学園を3安打9奪三振1失点に抑えて東海大会進出の立役者となった。藤枝東の堀田伊吹選手は193cmの二刀流で、角度をつけて投げられる球は打ちにくい。

優勝予想

昨年夏が常葉菊川、昨秋が御殿場西、春が浜松商、またそれぞれの準優勝チームも島田商、清水桜が丘、加藤学園と混戦模様となっている。その中で勢いならば春優勝の浜松商、総合力ならば加藤学園、投手力ならは高田投手のいる静岡商が有力となるが、常葉大橘、常葉大菊川、そしてノーシードとなった静岡高、そして紅林選手のいる駿河総合など、どこが出てもおかしくない状況。

2019年度以降-高校生-静岡県のドラフト候補リスト


PAGE TOP