夏の高校野球・長野大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度C

斎藤慶喜, 常田唯斗, 栗木将太, 下平健太, 宮本靖宝, 小玉涼真, 丸山隼平, 三澤直也, 宮坂愛斗, 鈴木健介, 山田二弓, 丸山光, 板倉大和, 横田夏己, 北畑玲央

夏の高校野球・長野大会が7月6日に開幕する。147キロ右腕などがいるものの、全体的な数は他の地域より多くなく、地区のドラフト的注目度はC。

注目選手

昨年は、松商学園の直江大輔投手が注目され続け、巨人にドラフト3位で指名された。

今年も投手の注目選手がいる。佐久長聖の北畑玲央投手は、昨年の甲子園で143キロを記録すると、今年に入り147キロまで球速を伸ばすした。高めの球が多いものの、回転の多い球でバッターも手が出てしまう威力がある。コントロール・フィールディングなどの評価も高い。172cmというやや上背が無いが評価は高い。

その他の選手

東海大諏訪の横田夏己投手は昨年秋から5キロ球が速くなり142キロを記録。元々スライダー、チェンジアップ、スプリットなどの変化球が良かった投手で、球威も増してきた事で、注目度が高くなってきた。ウェルネス筑北の板倉大和投手も178cmから140キロのストレートにキレの良いスライダーを投げる。またチームではショートの守備に定評のある丸山光選手、180cmのスラッガー・宮崎大和選手も注目される。

長野商の山田二弓選手は内野手から投手に転向すると130キロ中盤から後半の速球を投げ、県の好投手に名前を連ねるようになった。松商学園は183cmの鈴木健介がきれいなフォームで投げ、昨年の直江大輔投手を参考にしているようだ。チームでは山本健斗選手もショートとしてチームを助ける守備と打撃をしている。

上田西は今年も快足選手がいる。斎藤慶喜選手は50m5.9秒の足があり、ランナーに出すと止められない。そして4番の宮坂愛斗選手は1年時から4番を任された選手で、171cmと小柄だが通算27本塁打を打っている。東京都市大塩尻の三澤直也投手も130キロ後半の速球を投げ、捕手の小幡英矢選手が167cmと小柄だが素早い送球と強肩でランナーを封じ込む。打撃もチャンスに強くパンチ力がある。

岡谷南の丸山隼平選手は171cmながらパンチ力ある選手、百瀬亮太選手は180cmの右打者でパワフルさを見せる。飯山の大川陸選手はパンチ力があり、守備などを磨いて総合的に良いとみられる選手になりたい。長野日大の宮本靖宝センスはショートとして守備の良さが光る。更級農の小玉涼真選手は186cm83kgの左投げ左打ちの選手。角度のある球を投げ、打席でも力強いスイングを見せる。飯田高校の下平健太投手も183cmの本格派。

2年生では飯山の常田唯斗投手が142キロを記録しており、長野日大の栗木将太投手も180cmで大きなフォームで投げる投手。

優勝予想

昨年夏は佐久長聖が甲子園に出場、秋は上田西、春は東海大諏訪が優勝している。上田西、東海大諏訪は常に力を見せており、2強となる。佐久長聖、松本第一、松商学園、長野日大も力のあるチームで、東京都市大塩尻、長野商は好投手がおり、強豪を抑え込む力がある。

かなりの混戦模様をどこが勝ち抜いていくのか注目したい。

2019年度以降-高校生-長野県のドラフト候補リスト


PAGE TOP