侍ジャパン社会人代表選考合宿、稲垣誠也選手が2日間で4打数4安打1本塁打

守安玲緒, 平尾奎太, 嘉陽宗一郎, 菊池大樹, 平山快, 今川優馬, 稲垣誠也, 宮内春輝

侍ジャパン社会人代表の選考合宿ではこの日、JFE東日本と練習試合を行った。日本通運の稲垣誠也選手が前日に続き2安打に1本塁打と良い当たりを見せた。JFE東日本はルーキーの今川優馬選手が3打席連続ホームランを放った。

稲垣兄弟

代表チームはこの日、ベテランの三菱重工神戸・高砂の守安玲緒投手が先発したものの、初回にJFE東日本のスラッガー・今川優馬選手にホームランを浴びて1失点、2回にも今川選手の2打席連続弾に、平山快選手のホームランも続き5点を失った。2回を投げて5安打6失点、3本塁打と厳しい内容となった。

2番手で登板した四国銀行の菊池大樹投手は3回は三者凡退に抑えたものの、4回に今川選手に2ランホームランを浴びて2失点した。その後、日本製紙石巻の宮内春輝投手は2回を1安打2奪三振で無失点、前日も登板した平尾奎太がこの日も1回で1失点、ホームランを浴びた。そして最後は嘉陽宗一郎投手が登板し、1回をノーヒット1奪三振に抑えた。今年のドラフト上位候補のJFE西日本・河野竜生投手は、前日とこの日の紅白戦で、選出された投手陣で一人だけ登板が無かった。

攻撃では日本通運の稲垣誠也選手が、2回の第1打席でセンター前ヒット、5回の第2打席でレフトフェンスを超すホームランを放った。稲垣選手は中部学院大卒2年目で今年ドラフト解禁となる。前日の練習試合でも途中から出場し2安打を記録、スカウトからは打撃のうまさを評価する声が聞かれていた。巧打にパンチ力もある二塁手で、社会人代表のキーマンとなり、都市対抗でも注目される活躍を見せるのではないかと思う。代表候補には兄の稲垣翔太選手も入っており、この日は弟に代わって打席に入り2ベースヒット、前日も2ベースヒットを打っていて、兄弟で代表入りとなりそうだ。

JFE・今川選手が大爆発

対戦したJFE東日本は、今川優馬選手が第1打席から3打席連続ホームラン、センター方向に2本、レフトに1本だった。昨年のドラフト会議では指名を待ったものの名前が挙がらず悔しい思いを見せていた。その後、アメリカで行われたホームラン競争に参加をし、今年はJFE東日本で春からホームランを打ちまくっている。

昨年にパナソニックの片山勢三選手がホームランを量産し、2年目の今年にスラッガータイプのドラフト候補として注目されているが、今川選手は来年、それ以上に注目されそうだ。まずは社会人代表にも召集されるかもしれず、都市対抗などの活躍に注目したい。

またこの日は、今川選手の前を打った元横浜ベイスターズの松本啓二朗選手が、打席で2打席目は6球、3打席目は10球を投げさせて共にヒットを記録した。それによって次の今川選手のホームランにつながった。素晴らしい打撃だった。

侍ジャパン社会人代表候補一覧(2019)
JFE東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP