夏の高校野球・福岡大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

夏の高校野球・福岡大会が7月6日に開幕する。それぞれ、150キロ、149キロを記録する九州屈指の投手がおり、打者でも40本近くのホームランを打つ選手も点在。地区のドラフト的注目度はA。

注目選手

昨年は折尾愛真の松井義弥選手が巨人にドラフト5位で、西日本短大付の中村宜聖選手がソフトバンクに育成ドラフト4位で指名された。

今年はまず、真颯館の武内未来投手が150キロを記録する。パワー系で力のある球を投げ込めば、スライダー、カットボール、ツーシーム、フォーク、チェンジアップ、カーブと投球練習が大変そうなほど多彩な変化球を投げる。春は5回戦で左手首に四球を受けて骨にひびが入りながら出場を続けた。夏は万全の態勢で公式戦に臨むことができれば、公式戦での150キロが期待できる。

九州国際大付の下村海翔投手も夏前に149キロを記録した。こちらは変化球はスライダーとチェンジアップのみだが、ストレートのキレが抜群で九州NO.1右腕という声も聞かれる。174cmと上背は無いが、昨年に小倉高校からJR東日本に進んだ河浦圭佑投手のように、次のステージに進んでから大きく輝くを放つかもしれない。

筑陽学園の西舘昂汰投手は187cmの大型右腕として昨年から注目をされているものの、エースとして圧巻の投球をするような事はここまで見られなかった。しかし、スケールの大きさでは武内投手、下村投手を上回り、本格化が待たれる。西日本短大付の山下大輔投手も145キロの速球を投げ、春は故障のため投げなかったが、夏には復帰するようだ。威力ある球に注目したい。

その他の選手

九州国際大付の葛城陸選手は、とにかく痛烈な打球が特徴で、フェンス直撃・オーバーフェンスの当たりを連発する。180cmの右の大砲は将来が非常に楽しみだ。また西日本短大付の近藤大樹選手は遊撃手として九州屈指。50m5.9秒の俊足も光り、プロも目を付けている選手。筑陽学園の福岡大真選手もチャンスに強い打撃を見せ、2年生の中村敢晴選手はその身体能力の高さに早くもプロが注目している。

筑陽学園の進藤勇也捕手は、セカンドまで1.8秒の送球が光り、能力は甲子園でも実証済み。181cmの大型でもある、いつプロから声がかかってもおかしくない。西日本短大付の神宮隆太選手は高校通算23本塁打の打撃が魅力の捕手。春はエースを欠く投手陣をしっかりとリードして九州大会優勝に導く力も見せた。打撃では福岡大大濠の星子海勢選手も172cm79kgの体から高校通算42本のホームランを放つ。飯塚の徳永勇斗選手も高校通算30本塁打のスラッガー捕手。

希望ヶ丘の藤岡陸選手は宮崎日大に入学した後1年の12月に転向、今年まで公式戦出場は出来なかったが、186cm80kgの体から投げては135キロ、打っても26本超のホームランを打つ選手。東筑の藤原圭一郎選手は182cmの右のスラッガー、この冬に体をしっかりと突くって結果を出しつつある。また和久田秀馬選手も180cmの選手だが50m6.2秒の身体能力の高さが光る。

春日の坂元創投手は186cmからの142キロの速球が特徴、将来性が豊かな投手。福岡大大濠の星野恒太朗投手も143キロの速球を投げる。父は元プロ。西日本短大付は春優勝の原動力となった江崎陸投手も130キロ中盤を記録する。北九州高校の木村仁投手も146キロを記録するという。筑陽学園の菅井一輝投手、西雄大投手も西舘投手と3枚看板でチームを支える。

沖学園の蓮尾洗大投手は185cm87kgの体があり、130キロ中盤の球速は遅く感じるくらいで将来に期待したい。また1年生の水崎康平投手の明豊を相手に堂々の投球で期待される。香椎もスライダーが武器の右の松尾厚輝投手と、135キロのキレの良い球が武器の左の松岡輝幸投手がWエース。

2年生では福岡大大濠の山下舜平大投手が186cmから144キロを記録、左の深浦幹也投手も143キロを記録している。U15代表を経験している山城航太郎選手も二刀流で、サードでスラッガーとしての素質を見せる。九国大付の石田渉人投手も179cmから130キロ中盤の球を投げ、素材の良さが評価されている。

優勝予想

昨年は折尾愛真と沖学園がそれぞれ甲子園に出場、秋は筑陽学園が優勝しセンバツにも出場している。今春は西日本短大付が制し、九州大会でも優勝をしている。筑陽学園と西日本短大付を筆頭に、真颯館、福岡大大濠、九州国際大付などが優勝争いに絡みそう。

他にも、飯塚、小倉工、博多工、福岡工大城東、九州産業などがおり、昨年代表の沖学園、折尾愛真も勢いにのって勝ち上がる力が十分にある。

2019年度以降-高校生-福岡県のドラフト候補リスト


PAGE TOP