夏の高校野球・宮崎大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

松浦佑星, 武藤敦貴, 松下瑛亮, 平野大和, 川島隆志, 鶴田幸多郎, 坂木克将, 黒田直人, 有川倫太郎, 辰嶋優, 坂元稜, 坂本武蔵, 川野裕真, 比江島佑斗, 西村翔, 今田雄大, 日高太勢, 照喜名洸希, 和田颯斗, 有馬太玖登

夏の高校野球・宮崎大会が7月6日に開幕する。好投手同士の争いによりレベルが非常に高くなっている。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は延岡学園の小幡竜平選手が阪神のドラフト2位で、聖心ウルスラの戸郷翔征投手が巨人にドラフト6位で指名され、レベルの高さを示した形となった。

今年は投手のレベルが高く、その筆頭が宮崎第一の川島隆志投手。最速145キロの速球を投げる左腕で、春に明石商と招待試合で対戦すると、9回5安打9奪三振無失点で完投、70%がストレートと、ストレート勝負でセンバツベスト4チームを抑えきった。ストレートの伸びは今永昇太投手のような印象も受け、今後成長が期待される。

その他の選手

川島投手に続くのが、都城東の武藤敦貴投手。こちらも177cmの左腕投手、球の質が良く三振を奪って快投と言える投球を見せる。また都城東では2年生の有馬太玖登投手が146キロを記録し、同じく2年の和田颯斗投手も140キロのキレのいい球を投げる。

小林西の鶴田幸多郎投手も178cmから140キロの球を投げ、スプリットとのコンビネーションで三振を次々と奪う。2年生の照喜名洸希投手も140キロを記録しており伸び盛り。宮崎日大もパワー系の投球フォームから142キロを記録する今田雄大投手と、同じくパワー系で142キロを記録する日高太勢選手の2枚がいる。

宮崎学園の松下瑛亮投手は183cmの大型投手だがフォームのバランスが非常によく、ストレートが伸びる。高鍋の比江島佑斗投手は185cmの長身右腕で球速は130キロ台後半、延岡星雲の西村翔投手は185cmの長身左腕、135キロの球は球速よりも速く感じるという。共に将来を期待したい投手。

都城工の川野裕真投手も140キロを記録する投手で、どんな投手か見てみたい。門川の坂本武蔵投手も無名校だが140キロの角度のある球を投げる。都城西の坂元稜投手も130キロ中盤の球とカーブで三振を奪える。日南学園の2年生・辰嶋優投手も183cmの左腕で、のびのびと投げられるストレートが魅力。

野手では、日章学園の平野大和選手が筆頭格。50m5.8秒の足に遠投100m、そして長打力もある選手で、特に走塁はプロのスカウトも注目している。チームでは森永光洋選手、福山凛選手も50m5秒台を記録する俊足で、俊足トリオが走りまくる。

宮崎第一の有川倫太郎選手は1番を打ち、巧みな打撃に内野安打を狙う足もあり、そして鋭い打球を打つパンチ力もある。走攻守に高く評価されている。富島の黒田直人捕手はセカンドまでの送球は1.83秒を記録、屈指の強肩捕手と言える。宮崎日大の坂木克将選手は高校通算20本のパンチ力ある捕手、富島の松浦佑星選手は甲子園でも遊撃手としてなかなかの動きを見せた。

優勝予想

昨年は日南学園が甲子園に出場。秋は優勝が日章学園、準優勝が小林西で日章学園がセンバツに出場した。そして春は小林西が頂点に立ち、宮崎第一が準優勝。日南、日章がベスト8にも入らず変動気味で混戦状態に突入している。

投手力で宮崎第一、都城東が。また宮崎学園、高鍋、富島、都城西、そして実力のある延岡学園、宮崎日大なども候補に挙がる。

レベルの高い投手が最後の夏にどんな投球をみせるか、そしてそれが甲子園へとつながっていくか注目したい。

2019年度以降-高校生-宮崎県のドラフト候補リスト


PAGE TOP