夏の高校野球・佐賀大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度C

川口剛輝, 野田匠, 済木龍輝, 平野伸, 坂本隼人, 末宗凛太郎, 中野優成, 園田恵大, 中村将希, 浜野翔太, 小池大和, 白仁田慶太, 寺崎拓真

夏の高校野球・佐賀大会が7月6日に開幕する。146キロを投げる本格派の2年生がいるものの、全体的にドラフト候補は少ない。地区のドラフト的注目度はC。

注目選手

昨年はドラフト会議で指名された選手はいなかったが、佐賀商の木村颯太投手(関東学院大)が146キロの速球を投げていた。

今年の注目選手は、佐賀商の2年生の野田匠投手。172cmと上背は無いものの、強い体幹から投げられるストレートは最速146キロを記録する。強気の攻めの投球も魅力で来年のドラフト候補の一人。

その他の選手

東明館の川口剛輝投手は186cm83kgの右腕、角度のあるストレートは130キロ後半で、まだ実績を残す所まで行けていない。しかし将来性は十分で成長をじっくりと待ちたい。その川口投手の球を受ける寺崎拓真選手は、佐賀NO.1捕手と評価される。外野から捕手に転向すると、セカンドまで1.9秒の肩を見せた。元々俊足の選手としても評価されており、捕手として新たな評価が加わっている。

佐賀商の済木龍輝選手は、佐賀県の野手NO.1の声がある。174cmの遊撃手で、甲子園で機敏な動きでプレーを見せると、1番バッターとしても好打と俊足でチームに勢いをつける。他にも佐賀商は、長身アンダーハンドの白仁田慶太投手が野田投手とタイプが逆で面白い。佐賀学園もショートで済木選手と争う小池大和選手がいる。打撃でも春に1試合3本の2ベースヒットなど当たりを見せていた。また2年生投手の浜野翔太投手はキレのある球で春準優勝の立役者、野田投手と来年までライバルとなる。

鳥栖の中村将希選手は180cmの右のスラッガーで、2年時から4番を打つ。今年の佐賀でスラッガーではトップか。長打力ならば鳥栖商の園田恵大選手も高校通算20本塁打を打ち、有田工の中野優成選手も春に2試合連続ホームランを記録した。龍谷の末宗凛太郎選手も3拍子揃った好選手。唐津商には今年も好捕手がいる。坂本隼人選手は捕球から素早く送球することができる強肩捕手。

投手では神崎清明の小野聖人投手は抜群のスライダーで勝負をする。鳥栖商の2年生・平野伸投手は伸びのあるストレートを投げ、また春に3本塁打を放つ二刀流選手。

優勝予想

昨夏代表の佐賀商は、秋はベスト4、春は優勝と実力が高い。また佐賀学園も昨秋に優勝、春は準優勝、2強となっている。

ここに佐賀工、神崎清明、鳥栖商、北陵、東明館などが絡んで甲子園を争う。

2019年度以降-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト


PAGE TOP