夏の高校野球・鹿児島大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度C

小峯新陸, 神里啓斗, 城下拡, 高田準之介, 沖田龍之丞, 福留清志郎, 赤崎太優, 東瀬戸優太, 上野倖汰, 新有留優斗, 福重圭誇, 中川武海, 森口修矢, 八方悠介

夏の高校野球・鹿児島大会が7月6日に開幕する。145キロ右腕はやや伸び悩みも、最後の夏にブレークを期待したい。全体的にドラフト候補は少なく、地区のドラフト的注目度はC。

注目選手

昨年は神村学園の羽月隆太郎選手が広島にドラフト6位で、渡邉陸選手がソフトバンクに育成ドラフト1位で指名された。共に素質に注目され、ドラフトの下位の方で指名されている。

今年は、鹿児島城西の小峯新陸投手が注目をされ続けている。189cmの右腕で最速は145キロを記録するが、昨年以降それほど話題になることが無く、やや寂しい。スペックは大船渡の佐々木投手クラスのものを持っているだけに、何かのきっかけが必要かもしれない。最後の夏の大会でそのきっかけがつかめるか。

その他の選手

その鹿児島城西は、2年生の八方悠介投手も140キロを記録しており、変化球も多彩。エースの座を奪いにかかる。俊足の神里啓斗選手も注目のリードオフマン。神村学園は今年も素質の高い選手がそろう。森口修矢選手は中学時代に全国制覇としたメンバーで、170cmだが一発の魅力がある選手。中川武海投手は130キロ中盤の速球を投げる。

尚志館の福重圭誇選手は二刀流だが、春に3本塁打を放ち、県屈指のスラッガーとして評価された。鹿屋中央の新有留優斗捕手も逆方向にも長打を打てる選手で強打の捕手として注目される。

枕崎高校の上野倖汰投手は171cmの左腕で球速は140キロ、肩の故障からの復活を目指しているが、県NO.1サウスポーの声があるだけに夏の投球を期待したい。鹿児島玉龍の東瀬戸優太投手も130キロ後半の速球を投げ、昨年夏に2試合連続完投勝利を挙げるなど実績もある。大島高校の赤崎太優投手も130キロ中盤の力のある球を投げる。

鹿児島水産の福留清志郎投手は137キロを記録するが、ナックルが武器で三振を奪う。スタミナが課題で最後まで力のある球を投げたい。鹿児島情報の沖田龍之丞投手も好左腕投手という事で名前が挙がる。

2年生では鹿児島実の高田準之介選手が180cmの本格派右腕で130キロ後半を記録、また二刀流選手としてシャープな打撃が評価される。U15代表の選手で、来年の鹿児島NO.1選手となりそうだ。そして鹿児島実は1年生の城下拡選手もU15代表の選手。強肩の捕手で来年にはマスクを被って名前が挙がっていそうだ。

優勝予想

昨夏は鹿児島実が甲子園に出場したが、秋はベスト4に残れず、神村学園、鹿屋中央、鹿児島城西、鹿児島情報が4強を占めた。そして春は神村学園が秋に続き優勝し、鹿児島実も準優勝に勝ち上がった。神村学園と鹿児島実が2強か。

また尚志館、鹿児島商が春に4強入りし、鹿屋中央、鹿児島情報、鹿児島城西などと共に2強を追う。強豪の樟南、れいめいに、大島、枕崎、鹿児島玉龍なども投手の出来次第で優勝争いに絡みそうだ。

2019年度以降-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP