沖縄水産・國吉吹投手が145キロ記録、日本ハムスカウト「将来性を感じさせる」

國吉吹, 沖縄水産

高校野球沖縄大会では、優勝候補の沖縄水産が登場し、美里に13-0で勝利した。プロ注目の國吉吹投手が145キロを記録し、日本ハムスカウトが評価をしている。

145キロ

國吉吹投手は177cmの右腕投手で、これまで最速144キロを記録していたが、この日の試合では北海道日本ハムのスカウトの計測で145キロを記録した。1回、2回はそれぞれ1安打ずつヒットを許したが、3回以降はノーヒットに抑え、4回を投げて2安打無失点、序盤はそれほどだったが4回については、「いい感じだった」と話した。

球速よりもキレを重視した登板だったが、それでも自己最速を更新した。またこの日は28日まで学校の試験期間で、「あんまり調整できていない」と状態は良くなかったが、これだけの好投を見せた。

この日は北海道日本ハムの林スカウトが視察をしたが、「体に力があり、腕の振りがいい。将来性を感じさせる」と高く評価、沖縄水産は優勝候補でもあり、ドラフト候補右腕として今後も注目されそうだ。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-沖縄県のドラフト候補リスト

これまでの最速は144キロだったが、ネット裏で見守った日本ハム林スカウトのスピードガンでは初回に145キロをマーク。「球速よりキレを重視したい」という国吉だがしっかり今夏への成長も見せた。しかも28日まで学校の試験が行われており「あんまり調整できていない」という中でも結果を残した。日本ハム林スカウトも「体に力があり、腕の振りがいい。将来性を感じさせる」と評価した。


PAGE TOP