日刊スポーツの夏の高校野球注目選手、今日は関東・甲信越編

広沢優, 小松涼馬, 佐藤一磨, 鈴木寛人, 北畑玲央, 柳沢光星, 横山陽樹

日刊スポーツの夏の高校野球注目選手、今日は関東・甲信越編。日大三の広沢優投手、横浜隼人の佐藤一磨投手、霞ヶ浦の鈴木寛人投手を長身本格派として取り上げ、他にも佐久長聖・北畑玲央投手、健大高崎・柳沢光星捕手、他にも作新学院・横山陽樹選手、帝京・小松涼馬選手の2年生を取り上げている。

長身本格派

日大三の広沢優投手は193cmの長身があり、148キロの速球を投げる。昨年夏の甲子園での好投が残っている。「身長が誰よりもある。自分にしか投げられない球に自信がある」と話し、中学時代からバッテリーを組む・佐藤英雄捕手とのバッテリーでこの夏も好投を見せる。

横浜隼人の佐藤一磨投手は188cmの左腕。最速145キロの速球を投げるが、中学時には球速が120キロ、2年時には137キロ、そして現在は145キロと伸ばしてきた。自分には高さがあるので、打者の近くでリリースする事で体感速度の速いボールを投げたい」と話す。

霞ヶ浦の鈴木寛人投手は185cmから148キロの速球と130キロ台の高速スライダーを投げる。霞ヶ浦は4年で3人のプロ投手を輩出しており、高橋監督は「プロに行った選手の中でも鈴木のスライダーは特別」と評価している。練習試合では花咲徳栄から8回8K、東海大相模から7回7Kと三振奪取能力が高い。

注目選手

投手では佐久長聖・北畑玲央投手も172cmと上背はないが147キロの速球を投げ「9回を投げるスタミナも付いた」と話す。

野手では健大高崎・柳沢光星捕手が170cmだが高校通算47本塁打を放つ。また、2年生の作新学院・横山陽樹選手は3月の練習試合で大船渡の佐々木朗希投手から2ベースヒットを記録。昨夏の甲子園でも1番を打ち大阪桐蔭戦で2安打を打った注目選手。捕手が本来のポジションだが3年生の立石翔斗捕手が復帰したため、外野手としてプレーする。しかし、来年は捕手として注目選手となる。

帝京の2年生・小松涼馬選手は高い身体能力を誇る内野手で、打撃でもミート力と長打力を併せ持つ。昨年12月には1年生で唯一、東京選抜に選ばれてキューバに遠征した。今夏は「失策0と打率6割を目標」と話す。

関東では高校投手四天王の横浜・及川雅貴投手や150キロ右腕の日大三・井上広輝投手、習志野の飯塚脩人投手や専大松戸・横山陸人投手。長打力を見せる山梨学院・野村健太や常総学院・菊田拡和選手。他に、前橋商の井上温大投手や花咲徳栄の韮澤雄也選手、桐蔭学園の森敬斗選手などが注目される。甲信越では北越の大野絢平投手、中越の菅井道投手などが注目されそうだ。

2019年度-関東のドラフト候補リスト


PAGE TOP