夏の高校野球・ 富山大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度C

宮腰武, 堀裕貴, 稲葉魁晟, 浜田陸, 田中誠央, 佐伯成優, 黒田俊希, 平澤遼斗, 本郷凌羽, 広田陽斗, 中山開斗, 安川快飛, 井林泰雅, 佐伯涼, 飯倉和也, 鍛冶柊平, 鶴田柊介, 沼田将太, 島津野明, 木村太哉

夏の高校野球・富山大会が7月13日に開幕する。大型で将来が楽しみな投手がそろうが、今年のドラフト会議で指名されそうな注目選手は少ない。地区のドラフト的注目度はC。

注目選手

昨年はドラフト会議で指名された選手はいないが、高岡商・山田龍聖投手、富山商・沢田龍太投手など非常に注目され、プロ志望届を出せば指名があったのではと思う投手がそろっていた。

今年は注目選手はいない。

その他の選手

投手では富山第一の浜田陸投手は184cm87kgの左腕で、球速は130キロ中盤だが投げ下ろす角度のある投手。高岡第一の木村太哉投手は172cmと小柄な左腕だが、強気のピッチングを見せ、ストレートも球速はそこそこだが速さを感じさせるような組み立てと気迫を見せる。富山工の島津野明投手は2年時から期待された左の速球派だが、春は故障のために離脱し夏に復帰を目指す。富山東は右の沼田将太投手が140キロを記録し、左の鶴田柊介投手も135キロを投げる。

高朋の稲葉魁晟投手は182cmの上背がある右腕で球の回転も良い。富山の隠し玉も名前が聞かれるようになった。魚津の鍛冶柊平投手は187cm70kgで線が細く球速もまだまだ、しかし上から投げ下ろされる球の質にプロのスカウトも注目しているという。砺波工の飯倉和也投手も183cmの右腕ですりクォーターから低めに球を投げ、春に公式戦初完封を記録した。富山国際大付の佐伯涼投手も186cm84kgの右腕で将来性が評価されている。

高岡商の堀裕貴選手は174cmとやや小柄だが高い身体能力があり、投げては140キロを記録し打ってもホームランをしっかりと打てる。昨年秋はサヨナラホームラン2本を放つ勝負強さも魅力。井林泰雅選手は左右に長打を打てる技術の光る選手、宮腰武選手など力のある選手がそろう。

富山国際大付もショートの安川快飛選手がチャンスを作り、中軸の中山開斗選手が強打を見せる。高岡第一の広田陽斗選手はスイングが大きく、昨年に山田龍聖投手から満塁ホームランを打っている。県屈指の右の大砲。富山第一の本郷凌羽選手は俊足と巧打の2番遊撃手。器用さもあり様々なプレーを見せられ、また肩もリリーフで登板して強い球を投げる強肩。富山東の平澤遼斗選手は1年生から4番を打つ182cmの左打者で、足も肩もある選手。

2年生でも砺波工の黒田俊希投手は182cm92kgの大型右腕ですでに130キロ後半を投げ、来年が注目される。高岡第一の佐伯成優投手、田中誠央投手も上背があって130キロ中盤から後半の球を投げ、来年に注目したい投手。

優勝予想

昨年は高岡商が優勝し3回戦まで勝ち上がって、大阪桐蔭と非常に良い試合を見せた。秋は富山第一が優勝し、高岡商が準優勝。春は高岡第一が優勝し富山国際大付が準優勝をしている。

選手がそろっているのが高岡第一、富山第一、高岡商で、2年生も含めた投打の層の厚さで富山第一が頭一つリードか。ただし高岡商は昨年夏の甲子園を経験した選手がいる。

富山商、砺波工も実力があり、富山東も投打に選手がそろっている。魚津、高朋、富山工など投手で勝ち上がってくるチームもありそうだ。

2019年度以降-高校生-富山県のドラフト候補リスト


PAGE TOP