夏の高校野球・ 三重大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

中村伊吹, 岡林勇希, 前川夏輝, 前佑囲斗, 栄龍騰, 降井隼斗, 石川史門, 阿萬田琉希, 大音壱汰, 阪本和樹, 白石晃大, 田所宗大, 伊東邑航, 駒田流星, 井田翔斗, 高下那草, 利川太樹, 村田怜音, 岡陽基, 吉本晶哉, 土井拓海, 江南怜, 西尾壮太, 中川健翔, 松井健士, 山下遊聖, 篠田桐, 藤凌寿, 島田駿, 奥田域太

夏の高校野球・三重大会が7月13日に開幕する。150キロを超す右腕投手に、センバツでも好投を見せた148キロ右腕がおり、打者もスケールの大きな注目選手がそろう。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は菰野の田中法彦投手が広島にドラフト5位で指名を受けた。

今年も菰野からプロ野球選手が誕生しそうだ。岡林勇希投手は素材型だった兄の飛翔投手よりも、もっと実戦的でエースとして投げて試合を作れる。球速は150キロを記録し、変化球のキレも素晴らしい。それでもまだ素材型で粗さもあるが、将来は155キロの球で勝負できる投手になるか。また、抜群の身体能力があり、打撃のパワーも抜きんでている。足もあり野手としても評価されるかもしれない。

津田学園の前佑囲斗投手は本格派。182cm80kgの右腕で球速は148キロを記録する。センバツでは龍谷大平安を9回4安打6奪三振2失点と、粘り強い打線をより粘り強く抑えた。体のキレがややなさそうな雰囲気があり気になるものの、昨年秋は2ケタ奪三振を続けて記録するなど、まだまだ成長途中の投手だ。

その他の選手

投手では岡林投手の控えの奥田域太投手も177cm左腕のスリークォーターで、140キロの球を球を投げた。球の力に打ちづらさも加わった好投手。津田学園の控えの降井隼斗投手もサイドから141キロの速球とシンカーで三振を奪う。宇治山田商の島田駿投手は181cm75kgの本格派右腕で140キロを記録している。しかしこの春は故障で登板できず、夏に向けて調整をしている。四日市商の後藤凌寿投手も183cm74kgの大型右腕で140キロの速球を投げる。またショートも守り強肩を見せる。いなべ総合の篠田桐投手は139キロを記録し、2番手3番手で登板しても速い球を投げる。

三重高校の松井健士投手は180cmの右腕で140キロに到達、左腕の山下遊聖投手も変化球が魅力だがストレートも130キロ中盤まで伸ばしている。海星の中川健翔投手も135キロを記録する左腕でコースにしっかりと投げる。川瀬翔理投手は171cmの右腕でストレートとスライダーの切れが抜群。松阪の西尾壮太投手も130キロ後半を投げる右腕。伊勢工の大西斗武投手も130キロ後半の速球が武器。津商の江南怜投手、桑名工の小竹悠斗投手も130キロ後半の速球を投げる。

津田学園の前川夏輝選手は昨秋に3試合連続ホームラン。センバツは4番としてノーヒットに終わり悔しさを味わったが、178cm83kgで長打の打てるセカンドとしてこれからも成長を期待したい。三重高校で史上NO.1の飛距離と評されるのが土井拓海選手。183cm84kgで山川選手のようなスイングから高校通算35本塁打の長打力を見せる。いなべ総合の吉本晶哉選手も188cm92kgと体格では上回り、通算本塁打も42本と上回る。5月には1か月で14本塁打の爆発力がある。津田学園の石川史門選手は186cm83kgの左の大砲、センバツではノーヒットだったがバックスクリーンへの特大の当たりは代名詞。いなべ総合の岡陽基選手も185cm85kgの左の大砲でフルスイングからの長打力が魅力。そして、さらにそれを上回るのが相可の村田怜音選手で、サイズは195cm105kg。もちろん長打力は抜群で、1打席でも多く立たせるために1番を打つ。

いなべ総合の利川太樹捕手は177cm80kgの強肩強打の捕手、伊勢工の高下那草捕手もセカンドまで1.9秒の強肩を見せる。津田学園の阿萬田琉希捕手も遠投110mの強肩でセンバツでも実績を積んだ。宇治山田商の遊撃手・飯嶌哲平選手は強肩が持ち味で、投手としてもスピードボールを投げる。津商の井田翔斗選手もショートでの動きが高く評価されている。津田学園の大音壱汰選手は1番バッターとして音速の足を見せる。昨夏甲子園出場の白山・駒田流星選手は180cmの外野手で3拍子揃った選手。

2年生でもいなべ総合の伊東邑航投手は既に143キロを記録しており、将来性豊かな投手。田所宗大捕手も強肩で体もしっかりしており、伊東投手とのバッテリーは注目される。津田学園は長打力と身体能力に優れた小林世直選手や138キロ左腕の栄龍騰投手がいる。宇治山田商も本格派右腕で140キロに到達した中村伊吹投手が注目される。他にも137キロ右腕の近大高専・白石晃大投手、すでに30本近いホームランを打っている松阪商の阪本和樹選手などが来年も注目されそうだ。

優勝予想

昨年は白山高校が優勝し、松阪商が準優勝と、菰野やいなべ総合、三重、津田学園の名前を聞かない決勝戦だった。しかし秋は菰野が優勝し三重が準優勝。春は津田学園が優勝し菰野が準優勝だった。

常に優勝争いをしている菰野は投打の軸があり、選手個々の能力も高い。いなべ総合も負けない選手層がある。しかし、その中で津田学園はエースに控え投手、そして打線もスキがなく、センバツの経験も非常に大きい。しぶとく戦えは春夏連続甲子園もできるだろう。

三重や宇治山田商も投打に力のある選手をそろえており、菰野やいなべ総合との差はなさそう。津商、海星や、投打に選手のいる伊勢工、四日市商なども上位に食い込むか。

2019年度以降-高校生-三重県のドラフト候補リスト


PAGE TOP