夏の高校野球・ 岡山大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

栗原大樹, 岩本皓多, 草加勝, 高城拓叶, 西純矢, 白井裕斗, 木村蒼, 林勇作, 畠木慎之介, 岩本龍之介, 赤穂旺亮, 唐澤賢汰, 梶川航之介, 池ノ内篤志, 白神幹弥

夏の高校野球・岡山大会が7月13日に開幕する。四天王の一人・創志学園の西純矢投手が注目される中で、他にも素質のある選手がいる。ただし、注目選手の数は多くなく、地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年のドラフト会議では、倉敷商の引地秀一郎投手が東北楽天のドラフト3位で指名された。

今年はその引地投手と昨夏の準決勝でレベルの高い投手戦を演じ、見事投げ勝った創志学園・西純矢投手が注目される。184cmの上背があり投げるストレートは153キロ、昨年のイメージでストレートはキレが良く、多彩な変化球を投げる投手という感じだが、ストレートでも勝負できる強さを持っている。星稜の奥川投手も変化球を決められる投手だが、奥川投手はフォームをコンパクトにして体の力を抜いているのに対し、西投手はしっかりと体をつかって腕を振る。どっちが良いとも言えず、互角だと思う。

その他の選手

創志学園で西投手の控えにいるのが草加勝投手。182cmの身長があり、最速は146キロを記録している。昨年から素質を評価されており、もっと伸びてくる事も期待していたが、まだ控え投手という感じか。大学などに進みどこかでエースとして投げれば、一本立ちしてくるかもしれない。

投手として素質の高いのが関西の栗原大樹投手。182cm84kgから144キロの速球を投げ、昨年春は引地投手や西投手と互角の存在だった。秋もエースとして投げていたが春に故障をして、現在は復帰に向けている。大器の復活を期待したい。素質では玉野光南の白神幹弥投手が183cmの右腕で、1年時から注目されていた。最後の夏のブレークに期待。

野手では関西の白井裕斗選手が注目される。白井選手は投手として投げても146キロを記録する強肩遊撃手で、遠投120mのスローイングはファーストまで糸を引く。打球までの入り方でステップも細かく刻めて流れるようにスローイングに繋げていける。

関西の岩本皓多選手はとにかくバットを振れる選手で、フルスイングで逆方向へ運ぶ事もでき選手がある。岡山理大付は3年生の池ノ内篤志選手もチャンスに強く長打力のあるセンスだが、2年生の梶川航之介選手が、体は大きくないもののボールを軽く運んでいく選手で注目される。林野高校の唐澤賢汰選手はセカンドまで2秒を切る強肩捕手。

岡山南の高城拓叶投手は183cmから142キロの速球を投げ、鋭く曲がるスライダーが武器でこちらも本格派として期待される。関西の赤穂旺亮投手は波があるものの130キロ中盤の速球で抑える力がある。岡山理大付の岩本龍之介投手も左から力のあるストレートとフォークを投げる。倉敷商も今年のエースは左腕の木村蒼投手、139キロを記録するストレートを投げる。右の畠木慎之介投手も期待の長身右腕だったが、故障のため遅れていた。しかし夏に間に合うとのことで投球を見たい。おかやま山陽の林勇作投手も182cmの右腕で、球速はまだまだも将来性を高く評価されている。

優勝予想

昨年は創志学園が優勝し準優勝は岡山学芸館。秋は倉敷商が優勝して準優勝に岡山理大付。そして春は関西が優勝で倉敷商が準優勝。

地力の高い倉敷商だが、昨年立ちはだかった創志学園の西投手がおり、西の壁を越えられるかが岡山で甲子園を目指すチームのポイントとなる。その中で、関西は打線も強く、投手力もあり打倒創志の一番手か。

他にも岡山理大付、岡山学芸館、おかやま山陽、玉野光南、倉敷工など強豪が名を連ねており、決して創志学園と関西、倉敷商だけではなく、レベルの高い混戦となりそうだ。

2019年度以降-高校生-岡山県のドラフト候補リスト


PAGE TOP