霞ヶ浦・鈴木寛人投手が148キロ12K完封、11球団視察しロッテ、日本ハムなど評価

高校野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 2019年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

霞ヶ浦の148キロ右腕・鈴木寛人投手がこの夏初登板し、最速148キロのストレートで、強豪の藤代を完封した。

本格派右腕

鈴木寛人投手は186cm79kgの体があり、最速148キロの速球を投げる投手として注目されている。しかしこの夏はまだ登板機会がなく、満を持してこの日の藤代戦で先発をした。

初回からストレートが火を噴くと、先頭バッターに147キロ、続く打者に148キロを記録した。それでも初回にストレートを連投してヒット2本を許し、2回も常時139キロ以上のストレートを投げ続けて2つの四球を許してピンチを背負うと、3回からはやや球速を抑え、スライダーや130キロ台で沈んで空振りを奪える球を投げた。

キレの良い球で三振をバシバシと奪うタイプではないが、恵まれた身体からの強いストレートに、制球力もありインコース、アウトコースへその球を投げ込んだ。試合は藤代の144キロエース・中山航投手との投げ合いとなり9回まで0-0が続き、延長10回に霞ヶ浦がサヨナラで勝利したが、10回を投げて9安打12奪三振4四死球、165球を投げての完封だった。

スカウト計測は150キロ

この日は満員のスタンドの中で、プロスカウトの姿も目立った。11球団のスカウトが訪れ、そのほとんどが3人以上で陣取った。千葉ロッテは手元のスピードガンで150キロを記録したが、永野チーフスカウトは「スライダーの切れがあって、低めに丁寧に投げていた。パワータイプで、まだ体が大きくなっていくはずだし、伸びるでしょう」と話した。

また北海道日本ハムの大渕スカウト部長は「ストレートも変化球もいい。恵まれた体を持っているので、十分見込みがある」と評価した。

150球近くを投げた延長10回の最後のバッターにも148キロを記録し、そのスタミナも十分感じさせた。肩幅があり体型的にはソフトバンクの千賀投手に近いと思う。上半身も大きくしっかりしているが、下半身もしっかりと使えている。上下もバランスが高いレベルでそろっている。

奥川投手、西投手と比べると実績面で足りないものの、能力や投げる球の強さ、完成度は、二人と同格に評価してよい右腕だと思う。当ページでも茨城大会を勝ち上がったらAランクにUPさせたい。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・茨城大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

足がつりながらも165球を投げ抜き、12奪三振、4四死球。自己評価は厳しかったが、スカウト陣は高く評価した。球場の表示は148キロだった投球が手元のスピードガンでは150キロを計測していたロッテ・永野チーフスカウトは、「スライダーの切れがあって、低めに丁寧に投げていた。パワータイプで、まだ体が大きくなっていくはずだし、伸びるでしょう」と期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント