花巻東の西舘勇陽投手が149キロ記録、広島スカウトが評価

花巻東, 西舘勇陽

花巻東の西舘勇陽投手が149キロを記録し、視察した広島カープのスカウトが評価をした。

4回6奪三振

花巻東はこの日、150キロ右腕の西舘勇陽投手を再びリリーフのマウンドに送った。

西舘勇陽投手は150キロのストレートを投げるものの、2回戦の花巻北戦では9回にリリーフ登板すると逆転を許し1回2失点で降板してしまう。裏に何とか同点に追いつき、延長10回でサヨナラ勝ちをしたものの、危ない投球を見せていた。

この日は2点差の6回1アウト1,3塁という厳しい場面で登板をし、この回1点を与えてしまう。しかし7回、8回は1点差のまま無失点の投球を続けた。「60%の状態」と話すものの最速は149キロを記録、得意のフォークボールも決まって3回2/3で6三振を奪った。「初戦でみんなに助けてもらったので、次こそ自分が抑えようと思っていたのでホッとした」と話した。

しかし、四死球は3つを与え、9回に点差が開くとその裏に1失点するなど、まだピリッとしない所もある。それでも佐々木監督は厳しい場面で起用を続け、「雄星、大谷くらいのエースに育てたかった。この大会で育ってくれれば」と話し、エースに奮起を促している。

この日は2球団のスカウトが視察し、広島の近藤スカウトは「ボールに角度があるし、フォークもいい。体が出来てくればもっといいボールを投げられる」と評価した。本当に原石のようなタイプでだが、0か100かと言われたアドゥワ投手を育てた広島カープなら、この原石を磨き上げられるかもしれない。

いずれにしても、花巻東も4回戦を突破した。岩手には日本一の投手・佐々木朗希投手がいる。ともに勝ち上がれば決勝での対戦となるが、もしそうなった時にに西舘投手が100%の調子で投げることができるのか、注目したい。

2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・ 岩手大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

一戸中時代から注目され、偉大な先輩の菊池(現マリナーズ)や大谷(現エンゼルス)と同じく1年夏からベンチ入りした西舘。佐々木監督は「雄星、大谷くらいのエースに育てたかった。この大会で育ってくれれば」と期待を寄せる。ネット裏でも広島・近藤芳久スカウトが「ボールに角度があるし、フォークもいい。体が出来てくればもっといいボールを投げられる」と将来性を評価した。


PAGE TOP