和歌山東・落合秀市投手が敗退、日米13球団視察し「ダルビッシュ級」

落合秀市, 和歌山東, プロ志望表明

和歌山東の落合秀市投手がこの日、センバツベスト8の市和歌山戦で完投したもののサヨナラで敗れた。試合後にプロ志望を表明した。

サヨナラで敗れる

落合秀市投手は「次が山なので」と、センバツにベスト8に勝ち上がった市和歌山戦をターゲットにしてきた。この日は味方が初回に2点を先制し、2回に1点を返された。そこから5回まで0に抑えたものの、6回に2点を失い逆転をされた。しかし7回に再び味方が同点に追いつく。7回以降も毎回得点圏にランナーを背負ったものの、粘りのピッチングが続いていた。

そして9回も2アウト2,3塁のピンチだったが、ショートゴロに打ち取った。しかしショートのファーストへの悪送球でサヨナラで敗れた。落合投手は、「悔しいですね。でも考えても結果は変わらないので。でも高校野球はやりきった」と話し、悔しさはあるものの、悔いはないと話した。

8回2/3、141球を投げて7安打3奪三振6四死球で4失点、この日はいつもより慎重に投げて四球もやや多かったが、ストレートは最速で146キロ、常時140キロを超えてきた。今大会は、1回戦は6回コールド2安打7奪三振1失点、2回戦はリリーフ登板し1回2/3をノーヒット2奪三振、レベルの高い投球を見せた夏だった。

スカウト「ダルビッシュ級」

この日は国内12球団にロイヤルズの大屋スカウトが視察し、大屋氏は「ダルビッシュ級。器用さはダルビッシュと同等かそれ以上。これから伸びやすい、育てやすい選手。プロでも2、3年ででてくる。いい先発になりますよ」とダルビッシュ投手クラスと評価した。

また国内では阪神は佐野スカウト顧問など5球団で視察、担当の渡辺スカウトは「直球の平均が常時140キロを超えているし、多彩な変化球もすべて普通以上。球が強くて器用な投手」と評価すると、埼玉西武も渡辺GMが視察し「評価点は将来性ですね」と話した。素材型だが器用さが見られ、意外と早く出てくるというような評価となった。

プロ志望

落合投手はかねてよりプロに行きたいと話していたが、この日も「プロで通用するピッチャーになって有名になりたいです。」と話し、プロ志望をあらためて証明した。そして、「僕は自分の好きなことでお金を稼げるなら、それがいいなと思います。ピンチの時にギアを上げて抑えられるピッチャーになりたいです。自分では上げてると思ってても相手に打たれてダメやなと思ったりしたので」と話した。

そして、「自分がこんなに注目してもらえる投手になれると思っていなかった。監督さんやチームに感謝したい」と話し、チームメイト・監督へ感謝を込めた。

まだ、無失点で抑えるような圧倒的な支配力は持っていない。しかし185cm90kgの大きな体から最速148キロのストレートを投げ、常時140キロを超えてくる力をすでに手にしている。ドラフト会議では3位前後で指名されそうだ。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・ 和歌山大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

ロイヤルズ・大屋スカウトは「ダルビッシュ級。器用さは(高校時代の)ダルビッシュと同等かそれ以上」と大絶賛。落合は「自分の好きなことでお金を稼げるならそれがいいなと思います」と笑い、敗れても大きな可能性を感じさせた。

ネット裏には日米13球団のスカウトが集結し、落合の投球に熱視線を送った。阪神は5人態勢で視察。渡辺スカウトは「直球の平均が常時140キロを超えているし、多彩な変化球もすべて普通以上。球が強くて器用な投手」と評価した。西武・渡辺GMもチェックし、「評価点は将来性ですね」と話した。

「プロで通用するピッチャーになって有名になりたいです。自分がこれだけ注目されたり(そういう)いいピッチャーになれたのは監督さん、チームメートに感謝してます」
この日は結果的に、141球を投げて8回2/3で7安打3三振4失点で自責は3。それでも適時打は1本もなく、集まった日米13球団のスピードガンで最速146キロを記録した。変化球も巧みに交えた投球で、潜在能力の高さを示した。

今後の進路については「いけるならプロにいきたい。プロでも通用して有名な投手になりたい」とプロ志望を明かした。


PAGE TOP