日大三が敗れる、井上広輝投手・広沢優投手は進路未定もソフトバンク部長絶賛

日大三, 井上広輝, 広沢優

日大三は、プロ注目投手の広沢優投手、井上広輝投手が登板をしたものの、桜美林打線に得点をゆるし4-6で敗れた。二人は試合後に進路について話した。

145キロ、146キロ記録も

この日の準々決勝・桜美林戦、先発は193cm右腕の広沢優投手に託された。広沢投手は145キロを記録する力のある球を投げたものの、課題の立ち上がりの不安定さが出て初回から2点を失い、さらに2回も1点を失った。結局、広沢投手は1回2/3で5安打3失点で降板し、2年生の左腕・児玉投手がこの回を抑えた。

続く3回、その児玉投手も捉えられると、エースの井上広輝投手が登板したものの、桜美林打線の勢いは止められなかった。その3回に1点を与えると、5回と7回にもそれぞれ1失点した。6回を投げて8安打7奪三振2失点という内容だった。桜美林打線は広沢投手はストレートを狙って逆方向へ徹底し、井上投手にはバントで揺さぶるなど、しっかりと対策を立ててきていた。日大三・小倉監督は「アップアップの継投になってしまった」と悔やんだ。

井上投手のストレートは146キロを記録し、時折見せるインコース、アウトコースコーナーへのストレートは素晴らしい強い球だった。また、多彩な変化球も投げた。しかし、昨年夏の甲子園で150キロを記録し、星稜の奥川投手がその後も成長を続ける中で、井上投手はその夏の影響による故障からこの1年間は、ケガやフォーム調整など自分との闘いが続いていた。

ソフトバンクが評価

この日は福岡ソフトバンクなど数球団のスカウトが視察をしたが、福岡ソフトバンクの永井スカウト部長は「本調子ではないと思いますが、直球も変化球もボールを操れる。指先の間隔が優れた選手」と評価した。

試合後に進路について聞かれると、井上投手は「まだ考えていないです」と話し、広沢投手は「迷っています。監督と話したい」と話した。共に素質は十分だけに、プロ志望届を提出すれば指名されるとみられるが、まずはその進路の決断を待ちたい。

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
夏の高校野球・西東京大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

進路に関して、井上は「まだ考えていないです」。広沢は「迷っています。監督と話したい」と語った。

今後の進路は未定だが、ネット裏には複数球団のスカウトが集結。ソフトバンクの永井智浩スカウト部長は「本調子ではないと思いますが、直球も変化球もボールを操れる。指先の感覚が優れた選手」と評価した。


PAGE TOP