兄弟対決なるか、津田学園3年・前川夏輝選手と智弁学園1年・前川右京

智弁学園, 津田学園, 前川夏輝, 前川右京

津田学園で4番を打つ前川夏輝選手と、智弁学園で1年生で4番を打つ前川右京選手は兄弟。共に名門校の4番としてチームを甲子園に導いた。そして、甲子園での兄弟対決を熱望する。

ドラフト候補4番

津田学園の前川夏輝選手と智弁学園の前川右京選手は、中学までは同じチームで一緒にプレーしていたが、高校では、「兄がいる高校では甘えが出る。より厳しい環境で野球をしたかった」と弟・右京が話し、智弁学園に進んだ。

昨年秋、兄の夏輝選手は東海大会で3試合連続ホームランを放ち、弟より一足早く甲子園の土を踏んだ。そしてこの夏も4番サードでチームを引っ張り、甲子園出場を果たす。

弟は智弁学園に入学するとすぐに5番で起用され、春季大会でホームランを放った。そしてこの夏は1年生ながら4番で起用されている。兄弟共に長打を打てる選手としてプロが注目をしている。

兄弟対決

この日は智弁学園が甲子園練習を行った。今日は組み合わせ抽選が行われるが、弟は「勝ち進んで津田学園と対決して勝ちたい」と話し、兄との対決を希望した。そして、センバツで3打数ノーヒットだった兄に対し、「自分が先にヒットを打ちたい」と負けん気を見せた。

兄弟の4番対決で、共にホームランを放ったりすれば、過去にない事になるだろうか。ただし、この対決が実現した時、親は非常に困るだろう。

第101回(2019)高校野球選手権大会の出場校と注目選手
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2021年度-高校生のドラフト候補リスト

地方大会前にお互いに甲子園に行くことを約束。兄弟で甲子園に行くことが決まってからは、兄弟対決が目標になったという。夏輝は今春選抜大会1回戦の龍谷大平安(京都)戦で3打数無安打に終わり、甲子園でまだヒットなし。右京は「自分が先にヒットを打ちたい」と話し、「勝ち進んで津田学園と対決して勝ちたい」と意欲を燃やした。


PAGE TOP