花咲徳栄・井上朋也選手、昨年ラストバッターの悔しさ晴らす

花咲徳栄, 井上朋也

花咲徳栄の2年生で4番の井上朋也選手は、昨年夏の2回戦・横浜戦で最後のバッターとなった。「野球をやってきて、一番悔しかった」と話した。

ボール球を振って三振

昨年夏の甲子園、2回戦の横浜vs花咲徳栄戦では、花咲徳栄が4-8の9回裏に1アウト満塁から野村佑希選手選手のタイムリー内野安打で5-8、さらに2アウトから押し出し死球で6-8と2点差に追い上げる。

なおも満塁で打席には7番の井上朋也選手が入った。しかし最後にワンバウンドになる外角の球を空振りして三振、あいさつ後に号泣して先輩に支えられながらベンチに引き上げる1年生の井上選手の姿があった。

あれから1年、甲子園練習で再び甲子園に立った井上選手は、「野球をやってきて一番悔しかった。あんなボールを振らされてしまうなんて」と話す。そしてこの1年間は、ホームランを量産するよりは、確実にセンター返し、逆方向へのヒットを打ち続け、花咲徳栄の4番として甲子園に帰ってきた。

井上選手は、「昨年は先輩たちに連れてきてもらった甲子園。2年生になったら3年生と同じだと思っているので、チームを引っ張っていかないといけない」と話し、2年生にして3年生と同じ心境で戦う。そして目標を聞かれると「全国優勝」と話した。

甲子園には魔物がいて、毎年、大勢の選手がそのために涙を流す。しかし、それでもまた来たくなるのが甲子園。その魅力自体が、本当の甲子園の魔物なのだろう。その魅力に取りつかれ、そして成長をしていく選手がまた一人ここにいる。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

苦い記憶がある。昨夏甲子園は、2回戦の横浜戦でラストバッター。外角のボール球を振らされて、「野球をやってきて一番悔しかった。あんなボールを振らされてしまうなんて」と今大会のリベンジを見据えてきた。

昨夏も甲子園を経験している2年生外野手の花咲徳栄・井上は2日、「夏に(甲子園へ)戻ってくるためにやってきた」と勢いよくグラウンドへ飛び出した。昨夏は2回戦(対横浜)で最後の打者となり、悔しい思いをしただけに「2年生になったら3年生と同じなので、チームを引っ張っていく」と主砲の自覚は十分。今年の目標を問われ、「(2年ぶりの)全国優勝」と言い切った。


PAGE TOP