千葉ロッテ、智弁和歌山・東妻純平捕手を「高校NO.1」

智弁和歌山, 東妻純平

智弁和歌山の東妻純平捕手の3安打2打点の活躍に、千葉ロッテ球団本部長が高校NO.1捕手の評価をした。

決勝3ベースヒット

東妻純平選手はこの日の米子東戦で、4回に先制のタイムリーヒットを打つと、1-1と同点で迎えた6回2アウト1塁の場面では、右中間の間を割るタイムリー3ベースヒットを打ち、試合を決めた。3安打2打点の大活躍だった。

また捕手としても、エース・池田陽佑投手をリードし、8イニングで7安打を許すも、1失点に抑え、9回は2年生の小林樹斗投手をリードし、1回をノーヒット2奪三振に抑えた。投手に勇気を持たせるキャッチング、フレーミングができ、リズムを作り出した。攻守に光るプレーを見せた。

プロへ

東妻選手はプロ入りを目指している。そのため、ドラフト1位で指名された経験もある中谷監督は、厳しく接した。春の近畿大会で智弁学園に敗れた試合で、始めて試合途中で交代させられた。そこから悩み苦しんだ時間が続き、「どん底の状態だった」と話す。しかし中谷監督はそこから這い上がってくるのを待ち、それに応えるように東妻選手もこの夏に5季連続甲子園出場を決めた。

この試合には千葉ロッテの松本球団本部長が視察をしたが、「高校生の捕手ではNO1、5季連続出場の経験から、周りを見てゲームを作れている」と最上級の評価を下した。千葉ロッテは今年のドラフト会議で、高校生を中心に捕手を2,3人指名する方針が伝えられており、昨年のドラフト2位で指名された兄の東妻勇輔投手がいる事もあり、東妻捕手との縁があるが、球団本部長が高校生NO.1と評価したことで、その可能性は非常に高くなった。

東妻選手には阪神も注目をしており、この日も渡辺スカウトが「バッティングは体は小さいけどパンチ力があるのが魅力。守りでも、以前より流れが見えている感じ。ピッチャーの気持ちもうまくくみながら、バッテリーで試合を作れている」と評価した。お互いにドラフト2位で指名を検討しているとみられるため、指名の順番が大変重要になってくる可能性がある。

東妻捕手は「勝ちにこだわる。絶対にこの夏に監督を胴上げしたい」と話し、甲子園5季連続出場という勲章に、甲子園優勝という大きな勲章を手にしてプロ入りをしたい。

2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
夏の甲子園3日目の対戦カードと注目選手
2019年ドラフト指名予想

この日は4打数3安打2打点。女房役としてもエースの池田陽佑を巧みにリードし、8回7安打1失点にまとめた。兄の勇輔が所属するロッテ・松本球団本部長は「高校生の捕手ではNO1。5季連続出場の経験から、周りを見てゲームをつくれている」と高評価。夏の甲子園初勝利をプレゼントされた中谷監督も「夏に結果を出してもらうために精神的にも肉体的にも追い込んで、ここで花が咲いている」と成長ぶりをほめた。

春の近畿大会で智弁学園(奈良)に逆転負け。初めて試合途中でベンチに下げられ、プロ野球阪神などで捕手だった中谷監督の厳しい指導が始まった。「どん底だった」という苦難を乗り越えた最後の夏。中谷監督も「しっかり階段を上ってくれている。まだ途中ですけどね。今日は安心して見ていた」と成長を認める存在になった。

同じ捕手で、プロから注目される存在。だからこそプロ目線で厳しい指導を施してきた。今年の近畿大会では「懲罰交代」させることもあったが「この夏のために厳しい期間もあって、それが花咲いている」と話す。東妻も腐らず食らい付いてきたからこそ、この日の活躍があった。


PAGE TOP