奥川恭伸投手が7回18奪三振、スカウトコメントまとめ

奥川恭伸

U18ワールドカップ、スーパーラウンドのカナダ戦で、甲子園準優勝の154キロ右腕・奥川恭伸投手が世界に衝撃デビューを飾った。日本のスカウトも視察をしており、「プロでも打てない」と絶賛の声が挙がった。

国内スカウトのコメント

この日は巨人、横浜DeNA、福岡ソフトバンク、埼玉西武など国内6球団と、メジャーのスカウトなどが視察した。

◎巨人・長谷川スカウト部長:「制球、球威が抜群。内も外もすべて制球できている。同じ球種でも腕の振りを緩めたり振ったりして、三振を取るコツを知っている。高校生で変化球をコースに投げ分けて、緩急をつけられる投手はいない。国際大会でベストパフォーマンスができることがすごい。即戦力といっていい。智之タイプ」

◎横浜DeNA・吉田スカウト部長:「甲子園の疲れも取れただろうし、同じような投球が見られた。本塁打を打たれて配球を変え、相手を見ながら投げられていた。今日みたいな投球ならプロでもなかなか打てない」

◎福岡ソフトバンク・山本スカウトは「良すぎ。自分の思ったところに投げられているから、ストライクゾーンにも対応できる。まだ体が重そうだが、それでも150キロを平均して投げられるのが」

◎埼玉西武・渡辺GM:「高めの直球と低めのスライダーをうまく使って投げていた。しっかりまとめていたという感じ。甲子園でもたいぶ評価が上がったし、どこも上位で見ている。久しぶりの登板で1イニングで感覚をつかめる。プロでもすぐに使える技術」

MLBスカウトのコメントなど

◎ブルワーズ・元広島バリントンスカウト:「米球界関係者なら知っている」

◎マーリンズ・ジャレル・リーチ環太平洋コーディネーター:「直球が良く緩急がつくれる。コントロールも良いね」

ア・リーグ球団のスカウト:「球の伸びが良い。コントロールとスライダーも良い」

別のスカウトも「とても良い。将来的にメジャーに行く可能性はある」

カナダ代表監督

ハミルトン監督:「うちのチームの打撃は悪くないが、変化球の制球が驚異的だった。同年代の投手の投球よりも数歩先のレベルに達している」

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧
奥川恭伸

バックネット裏の巨人、DeNAなど国内6球団とメジャーのスカウトも驚いた。巨人・長谷川スカウト部長は高校生の奥川に対して「国際大会でベストパフォーマンスができることがすごい。即戦力といっていい」と最大限の評価を下した。

マーリンズのジャレル・リーチ環太平洋コーディネーターは「直球が良く緩急がつくれる。コントロールも良いね」。あるア・リーグ球団のスカウトは「球の伸びが良い。コントロールとスライダーも良い」とうなり、別のスカウトも「とても良い。将来的にメジャーに行く可能性はある」と話した。


PAGE TOP