星稜・山瀬慎之助捕手がプロ志望、巨人が指名へ

星稜高, 山瀬慎之助

この日、高校の最後の公式戦となった星稜の山瀬慎之助捕手、試合後にプロ志望を表明した。巨人の指名が有力視されている。

奥川と同じ舞台に

国体の初戦で智弁和歌山に1-3で敗れた星稜、プロ注目でU18代表でもプレーを見せた山瀬慎之助捕手が、試合後に奥川恭伸投手と共にプロ志望を表明した。

小学生4年から奥川投手とバッテリーを組み、高校では夏の甲子園決勝の舞台に立ち、U18代表ではカナダ戦で18奪三振の好投を二人で見せてきた。そして今、プロ志望届を提出し、二人の運命を握るドラフト会議に進路を託すこととなる。

ドラフト会議での指名は確実とみられる山瀬選手は、「奥川はすぐに1軍で投げると思う。自分は頑張って、その舞台に行かないと」と話た。プロ入り後は奥川投手は1年目から1軍で投げるとみられるが、山瀬選手は、捕手として経験を積み、また課題の打撃を磨いてからの1軍という事となりそうで、プロ入り後に成長をして、奥川投手と同じ舞台に立つことを誓った。

巨人の指名有力

その山瀬選手は、巨人が指名する事が有力視されている。巨人は昨年に高校生を9人指名したものの捕手の指名はなく、2017年は捕手を4人指名しているが岸田行倫捕手、大城卓三捕手、広畑塁捕手、小山翔平捕手と社会人2人、大学生2人の指名となっており、若い世代の捕手がいなくなっている。

その中で今年、センバツで長谷川スカウト部長が山瀬選手を絶賛しており、この日はスポーツ報知でも山瀬選手について、長い文章の記事を載せている。

そして山瀬選手の名前は、阿部慎之助選手が由来となっており、今年、引退を表明した阿部選手について、「阿部さんのような捕手になるのが最終的な目標ですし、憧れはしっかり持ち続けて頑張りたい。自分が活躍すれば、会える機会もあると思う」と話した。阿部慎之助選手が引退し、おそらくなんらかのポストで巨人の育成に関わるのではないかとみられるが、山瀬慎之助選手を獲得し、しっかりと伝統を引き継いてゆきたい。

奥川投手とプロの舞台でバッテリーを組めるかはドラフト会議の運のみぞ知るという所だが、例えプロでは同じチームになれなかったとしても、オールスター、侍ジャパンなどでバッテリーを組む機会があれば、注目されそうだ。

2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
読売ジャイアンツ、過去のドラフト指名一覧

相棒・奥川と共に改めてプロ志望を表明した山瀬は「奥川は1軍で投げると思う。自分も頑張って、その舞台まで行かないといけない」と口元を引き締めた。「打てる捕手」として目標にしていた巨人・阿部が、今季限りでの引退を表明。同じ舞台でプレーすることも夢見ていただけに「入れ違いになっちゃいますね」と残念がったが、「阿部さんのような捕手になるのが最終的な目標ですし、憧れはしっかり持ち続けて頑張りたい。自分が活躍すれば、会える機会もあると思う」と“慎之助”の名に恥じない飛躍を誓った。


PAGE TOP