甲子園5季連続出場の智弁和歌山・東妻純平選手、黒川史陽選手、西川晋太郎選手の高校野球が終わる

智弁和歌山, 東妻純平, 黒川史陽, 西川晋太郎

茨城国体の高校野球では、星稜を撃破した智弁和歌山が仙台育英に敗れた。この日も木製バットで臨んだが、東妻純平選手がホームラン、黒川史陽選手はこの日も3安打を記録した。

高校最後の試合

東妻純平選手、黒川史陽選手、そして西川晋太郎選手は、高校1年の夏から5大会連続で甲子園に出場をした。2年春にはセンバツ準優勝、その夏は悔しい初戦敗退を経験し、今年は春夏共に優勝候補として注目されたが、春は明石商、夏は星稜に阻まれ、甲子園の優勝を手にすることはできなかった。

しかし5度の甲子園は選手を大きく成長させた。その東妻選手、黒川選手、西川選手は5度の甲子園に導いた金属バットを置き、木製バットを手に国体に挑んだ。1回戦は夏に敗れた星稜、奥川投手に6安打を浴びせて2点を奪いノックアウトをした。

そしてこの日は仙台育英戦、2年生、1年生も多いチームで3年生は木製、2年生は金属バットを使用したが、2-6で敗れ、最後の頂点にも届かなかった。それでも東妻純平選手は6回に勝ち越しの通算34号ホームランを放ち、黒川選手はこの日も3安打を記録、2戦で9打数7安打と木製バットをしっかりと使いこなした。

東妻選手は「パンチ力という点ではアピールできたとは思うが、それ以外がひど過ぎた」と8回にパスボールで追加点を許したことを反省、プロ志望届を提出しており、ドラフト上位での指名が予想されるが、「上の世界では人生が懸かってくるし、今のままでは力不足」と自分に厳しさを見せた。東妻選手は兄・東妻勇輔投手からプロ1軍の投手の精度の高さを聞いており、プロを意識すればするほど自然と自分に厳しくなるのだろう。同じくプロ志望届を提出している黒川選手は、ドラフト会議について聞かれると「不安ですね」と話した。

東妻選手、黒川選手、西川選手の高校野球が終わった。甲子園5大会連続出場という大きな実績を残し、次のステージへと飛び立つ日が近づいている。

智弁和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東妻は「パンチ力という点ではアピールできたとは思うが、それ以外がひどすぎた」と試合を振り返った。2―3の8回2死満塁の場面で捕逸を記録。守備の点では不満を残した。ドラフトに向け「不安ですね」と苦笑い。「しっかりと今の問題点を修正していきたい。上の世界では人生がかかってくるし、今のままでは力不足」と表情を引き締めた。


PAGE TOP