大船渡・佐々木朗希投手が今日午後6時に会見

佐々木朗希, 大船渡高

163キロの速球を投げ、今年のドラフトの目玉と注目される大船渡の佐々木朗希投手が、今日の午後6時から、大船渡市内で会見を行う。

プロ志望会見

佐々木朗希投手は、今年4月の時点でメジャーへの希望はなく、国内のプロ一本を明言した。その後、明確な明言はなかったものの、U18ワールドカップの大会後にも奥川恭伸と共に取材を受けた際にも、二人で言うかどうかをヒソヒソと話し合い、結局はっきりと明言をしなかったものの、国内のプロ野球の志望は変わっていないという雰囲気を見せていた。

ただし、それから家族や監督などと進路についての話し合いもしており、この日にあらためて会見をするという事もあり、大丈夫とは思うがいろいろと準備をして会見を待ちたい。

佐々木投手には北海道日本ハムが「会見がどうであれ、プロ志望届を提出したら1位指名をする」と明言をしている他、福岡ソフトバンク、巨人など5球団前後のドラフト1位指名が有力とされる。9月27日に奥川投手、10月1日に西投手、そして今日、佐々木投手が会見し、今日にもプロ志望届を提出して今日、または明日に公示されるとみられる。

プロ志望届提出後には、おそらく11~12球団が面談を行うとみられ、17日までの約2週間は激動となりそうだ。

2019年高校生プロ志望届提出選手一覧
2019年度-特Aランクのドラフト候補リスト

大船渡の佐々木朗希投手(3年)のプロ表明会見が、2日に行われる。午後6時から大船渡市内で行われ、同日中にもプロ志望届を提出するとみられる。

今秋ドラフトの目玉で最速163キロを誇る大船渡・佐々木朗希投手(3年)が2日、岩手県内で進路表明会見を行う。

佐々木は4月6日のU18代表候補合宿で「国内プロ1本です」と発言。その後は進路についての発言を避けており、約半年ぶりに決心を語ることになる。


PAGE TOP