日本航空石川の注目選手ー2020センバツチームの紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は日本航空石川。

日本航空石川の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:嘉手苅浩太選手は今大会、非常に気になる選手。190cm105kgからの147キロの速球を見せ、比較的安定したピッチングを見せる。秋の北信越大会は故障のため登板しなかったが、サードで力のある打撃を見せている。投手と野手の可能性を見たい。

注目度B:田中颯希投手、180cmから最速143キロの速球を投げる投手で、ここ1年で球速が10キロほどアップし急成長。秋を見た感じは嘉手苅選手の状況もあり一人で投げぬくことを意識して投げていた感じで球の強さなどはさほど感じなかったが、短いイニングでどれだけ投げられるのかなどを見たい。

注目度B:石井幸希選手(2年)、1番センターで出場する選手。遠投105m、50m6.2秒の肩があり走攻守にそろう。思い切ったスイングで秋は2本塁打を放つ一方、四死球も多く打率.475を記録する。

注目度C:井口太陽選手、2番セカンドの選手。秋は2本塁打に盗塁4つを決める思い切りの良い走塁も光る。セカンドの守備などを見たい。

注目度C:中谷仁人選手、捕手としてセカンドまで1.8秒台を記録する、足もあり秋は2本の3ベースヒットを記録、8番などを打つが打率.393とアベレージも高い。肩の強さを見たい。

注目度C:山中大空投手、181cm90kgの大型選手で直訴して外野手から投手へ転向し最速136キロを記録する。投手として本格的に冬を越え、どんな成長をしているかポテンシャルを見たい。

チーム

投手は大型で140キロを超す球を投げる2枚看板がおり、控え投手も潜在能力が高い。打線は石井、井口の1,2番がチャンスを作りクリンナップへ回すが、クリンナップの打撃が鍵となりそうだ。

投手は2点に抑え、野手が5点を奪う。投手を中心にしっかりと守って失点を少なく戦いたい。

日本航空石川高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント