成長が楽しみなBランク選手・酒井教平投手(九州国際大付)

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

現在はBランクとして評価している選手の中から、成長楽しみな選手を紹介する企画。今日は九州国際大付・酒井教平投手。
 第1回:上田西・阿部巧雅投手
 第2回:浜松工・杉田蒼希投手

ラインを描く140キロ速球と種類の縦の変化球

九州国際大付は昨年、最速149キロの速球を投げた下村海翔投手が大いに注目されており、夏の福岡大会準々決勝の福岡大大濠戦では1失点完投勝利を挙げている。そしてその3日後に行われた準決勝・筑陽学園戦では、2年生の酒井教平投手が先発を任された。

酒井教平投手は175cm74kgの右腕投手。右腕をコンパクトにたたみ、キレの良い体の動きからバランスよく左足を踏み込むフォームから投げられる140キロのストレートは、キャッチャーミットまでしっかりとラインを描くことができる球になっていて、その球筋を見るだけで惚れ惚れする。

しかしこの酒井投手は、投球の40%近くはフォークボールを投げるフォークボーラーだ。高めからストライクゾーンに入ってくるフォーク、低めからワンバウンドになるフォークを早いカウントから投げてくる。これに曲がり方の違う縦に曲がるスライダーを織り交ぜる。通常はストレートなどで追い込んでから最後にフォークを使って空振りを奪いに行くが、酒井投手の場合はフォークで追い込んでから決め球のストレートを使う事も少なくない。

昨年夏の準決勝・筑陽学園戦では187cmから145キロの速球を投げていた西舘昂汰投手との投げ合いとなったが、初回に2点を先制されてしまう。それでも2回以降は粘りを見せ、4回を投げて5安打2失点でエース・下村投手につないだ。結局試合は西舘投手の完封で0-3で敗れてしまうのだが、西舘、下村といったプロ注目投手の中で酒井投手も輝きを見せてていた。

昨夏は、4回戦の福岡舞鶴戦で7回2安打12奪三振のピッチングを見せ、5回戦の筑紫台戦でも先発して4回2/3を3安打無失点で下村投手につなぎ、1-0の勝利に貢献している。下村投手と共に2枚看板として堂々のピッチングを見せていた。

体はそれほど大きくない。それでもバネのありそうなフォームがあり、この春に体重80kgくらいになってくれば、140キロ後半も記録してくるだろう。その時、酒井投手に対して遅らせる視線は、ますます熱いものとなる。

酒井教平投手 175cm74kg 最速140キロ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント