岩手県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

岩手県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

花巻東に投打で注目選手がいる。水谷公省選手は184cmの外野手で、昨夏の甲子園で4番を任された。昨年秋は右足首骨折のためプレーができなかったが、夏までに回復しスケールの大きな打撃とプレーを見せたい。

松本遼大投手は187cm92kgの体から145キロの速球を投げる投手で、こちらも冬の間に体重を14kg増やし、安定して球速が出せる投手となった。スライダー、フォーク、チェンジアップなどの変化球も投げ、力が付いた球を制球できれば、夏の大会で好投を見せられそうだ。

選手層では盛岡大付が厚い。水谷選手と共に県屈指の選手と注目されるのが、昨年秋に4本塁打を打った塚本悠樹選手、175cm75kgと体はそれほど大きくないがパンチ力がある。冬の間に182cm85kgの体を作り上げた板橋健太郎選手は、大型ながら50m6秒台前半で走る足があり、パンチ力も増している。

そしてその打線の中心は2年生の松本龍哉選手。1年時に13本塁打、2年で10本塁打を打っており、中学時代からスラッガーとして注目された力を高校でも放っている。来年の注目選手の一人。

投手もサイドから140キロを超す球を投げる大久保瞬投手と、同じく140キロ台の速球で勝負できる石井駿太郎投手がおり、石井選手は昨秋の東北大会準々決勝で10奪三振完封勝利を挙げている。

その他の選手

盛岡四の山崎諒投手は179cmの左腕投手で130キロ後半まで球速を伸ばしている。高田高の佐藤眞尋投手も力強いフォームから140キロ台の球を投げる。

一関学院の近江博人選手は、179cm82kgの強肩俊足の外野手。

そして2年生では、中学時代から速球派として注目された花巻東の菱川一輝投手が注目される他、水沢高の伊藤裕平投手、専大北上の長島暖和投手もすでに140キロを記録している。盛岡大付の阿部凜叶投手なども力のある球を投げる。

また盛岡大付の1年生・中沢舟汰選手は、178cm90kgの体から135mの特大弾を放つなど、別格の打撃を見せる。2年後のドラフトで注目されるだろう。

2020年度以降-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント