愛知県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

愛知県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

中京大中京の高橋宏斗投手は、先日153キロを記録し、世代の球速トップに躍り出た。昨秋の明治神宮大会で明徳義塾を抑え、馬淵監督から絶賛をされる。秋は投げてみないとわからないところもあったが、球の力で抑え込める投手となり、世代NO.1を争う。進学することを決めたというが、最後まで追い続けた投手でもある。

同じく中京大中京の中山礼都選手は、180cmの遊撃手で、遠投110mの型と50m6.1秒の足があり、また高校通算15本塁打のパンチ力もある。特にまともに当たった打球はライナーでネットまで伸びていく。印出太一捕手もセカンドまで1.8秒台の肩に、打撃でもしっかりと捉えて運ぶ形ができている。

東邦の吉納翼選手は、通算38本塁打を記録し、昨年の石川選手の後継者としてホームランを量産する。進学を予定しているとのこと。豊橋中央の中川拓真選手も、セカンドまで1.8秒の肩があり、高校通算34本塁打の打撃も合わせてプロが注目する。

中京大中京では164cm左腕の松島元希投手が147キロを記録する。上背はないものの、強い球をしっかりと投げられる。享栄の上田洸太朗投手は183cmの左腕で、143キロの速球を投げる。しなやかに腕が振れる投手で、将来性も含めて評価される。

その他の選手

中京大中京の西村友哉選手は、中学時代から世代を代表する選手。足・肩と打撃技術に優れ、中京大中京の印出・高橋・中山のセンターラインは西村選手をもって完結する。愛工大名電の二村颯馬選手も1年時から期待の捕手で、印出、中川と共に捕手BIG3として注目。

他には、名古屋高の国本航河投手は、181cmから140キロの速球を投げる。実戦経験がまだ少ないが高い素質を持った選手。名古屋市立工芸の南英佑投手も182cm88kgの体があり143キロの速球を投げる。

愛知啓成の浅芽楓河投手は140キロの速球を投げ、名経大高蔵の高津幸司郎投手は190cmからの角度のある球が持ち味、岡崎学園の山田優都投手も186cmの長身右腕、至学館の渡辺都斗投手は、安定感抜群の左腕投手。

2年生では愛工大名電の田村俊介投手が、中学時代から世代トップと評価される投手で、左から142キロの速球を投げる。ただし最近は打撃の評価が高く、長打力があり高い打率を残せる。中京大中京の畔柳亨丞投手は145キロの速球を記録しており、加藤優翔捕手は、印出選手の後の正捕手として期待される。享栄の沢田涼太投手は192cmの長身投手として注目される。

2020年度以降-高校生-愛知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント