南北海道高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

南北海道高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

苫小牧中央の根本悠楓投手は、中学時代の全国大会決勝の完全試合で衝撃を走らせ、そこからプロが追い続けている。170cmの左腕投手だが最速は146キロ、常時140キロを超える投球は迫力を感じさせる。高く評価するところではドラフト2位で来てもおかしくなく、4位までには消えると思う。

駒大苫小牧の北嶋洸太投手も、172cmながら146キロを記録し、苫小牧のライバル根本選手には直接対決で全勝している。球速で押すというよりは、スライダーなど変化球を巧みに使った投球が持ち味。札幌光星の武田悠聖投手は184cm85kgの右腕で最速は142キロ、いつ150キロという声を聞いてもおかしくない。球もしっかりと制球でき、変化球の切れも良い。

札幌山の手の佐藤爽投手も173cmの左腕で最速は145キロを記録、インサイドにこのストレートが来ると、手も足もでない。体格的にも根本投手のライバルと言える。

その他の選手

函館大柏陵の奥本悠吾投手は、ダイナミックなフォームから真っすぐを投げおろす迫力ある投手、札幌大谷の阿部剣友投手は、196cmの超大型左腕として期待されている。札幌国際情報の原田航介投手も伸びのある130キロ後半の速球と、多彩な変化球で安定感を見せる。

他にも、東海大札幌の板垣翔大投手も130キロ後半の速球を投げ、札幌第一の山田翔太投手も130キロ中盤の速球を記録、札幌日大の小林駿太投手も184cmの本格派右腕として期待されており、札幌勢も苫小牧勢に負けない。

北照の斎藤優斗選手は昨年夏の甲子園で2安打、足を上げて投球を待つが、微動だにしないほど足腰がしっかりとしており、グラウンドにしっかりと根を生やして広角にヒットを打てる。札幌日大の明田圭喬選手は二刀流でプレーし、1年時から注目を集め、4番エースとしてチームを引っ張る。

札幌大谷の佐野翔騎郎選手は、181cmの大型捕手で、強肩・俊足が注目されていたが、秋から長打力も注目されるようになった。札幌第一の金野颯汰選手は外野手として俊足による広い守備範囲をカバーし、打撃も力強さがある。西正真也選手は182cm87kgの大型外野手で、金野選手と同じく左投げ左打ちのスラッガー。

立命館慶祥の岡田和畝選手は投げては143キロを記録、50m6.1秒の足もあり、身体能力が高い。札幌光星の阿部翔真選手は162cmの選手だが、遠投は120mを超すパワーを秘める。北海学園札幌の千代川元大選手もフットワークの良さと強肩が光る内野手で、しっかりと広角にヒットを打ち分ける。

2020年度以降-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント