山形県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

山形県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

鶴岡東の太田陽都投手は、180cm80kgの右腕で、140キロのストレートは重さを感じさせる球、フォークボールの落ちも良い。昨年秋に大きく飛躍し、チームをセンバツ出場決定に導いた。

同じく、鶴岡東の山路将太郎選手は、昨年夏の甲子園3回戦で3安打2打点の活躍を見せた。173cmの左バッターで、独特のバットスイングだがヒットを打てる。50m5.9秒の足を生かせ、セカンドの守備でも前後の動きが良く、チームを救うプレーも見せる。

その他の選手

鶴岡東では野川大輔選手も昨秋は打率.640を記録した2番バッターで、チームをけん引する一人、山形城北の鏡太陽投手は、1年生から5番サードで出場しており、しなやかさのある打撃が魅力、まだ公式戦のホームランはないが、打席ではホームランを狙って打っているという。山形中央の荒木拓己選手は、179cmの外野手で監督と親子鷹、強い打撃が特徴。

投手では、山形中央の太田大和投手が179cmの左腕投手で、140キロ前後のストレートとカーブ、スライダー、スプリットなどの切れ味も良い。東海大山形の畑中悠哉投手は170cmながら80kgと体がしっかりしており、139キロの速球と120キロ前半のスライダーで打ち取る。東海大山形では桑山義樹選手も、打撃でも中心だがリリーフとして登板し、力のある真っすぐで抑える。

九里学園の仁木史温投手は182cm75kgの体のある右腕で、130キロ後半の真っすぐを投げおろす。山形南の鈴木陸玖投手も力のあるフォームから、バッターが怖がるほどの迫力ある真っすぐを投げる。

2年生では、日大山形の滝口琉偉選手が、1年生の秋に2試合連続ホームランを放っており、どこまで成長しているのか見るのが楽しみな選手。米沢中央の高橋楽音選手、竹田颯斗選手も守備がしっかりとしている。

2020年度以降-高校生-山形県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント