茨城県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

茨城県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

常総学院の菊地竜雅投手は2年までに150キロを記録、球は速いものの当てられる所もあったが、今年までにどのような成長をしているか期待。一條力真投手は189cmの上背から最速146キロを記録するが、140キロ前後でも伸びの良い球で打たせて取るピッチングが持ち味。ともに進学志望を表明しているが、将来性は抜群。

霞ケ浦の山本雄大選手は、高い野球センスと身体能力で、昨年は外野手として主力として活躍し、秋からは投手として183cmから140キロを超す球を投げるチームの柱。土浦湖北の大坪誠之助投手は最速142キロの重い速球を投げ、プロのスカウトも注目する他、佐和高校の黒田晃大投手も140キロ台の球を角度をつけて投げられ、注目される。

また霞ヶ浦の小田倉啓介選手は、落ち着いたショートの守備を見せ、スローイングが正確、常総学院の2年生・三輪拓未選手もフットワークが良く、しなやかな動きで守備では群を抜いている。

その他の選手

常総学院の中山琉唯捕手は、今年のチームの主軸を任される選手で、痛烈な打球を打つ右のスラッガー。常磐大高の所宜和選手も2年から4番を打つ選手で、173cmながら88kgの左の大砲。

土浦日大の中川竜哉投手は、174cmから140キロの速球を投げ、土浦日大の投手らしく制球力は確か。バッターを抑えていく技術を持っている。173cmから130キロ中盤の速球を投げる村上陽駿投手も控える。

石岡第一の小松崎駿投手は、昨年のエース・岩本大地投手からエースを引き継いだ。130キロ中盤の速球をコントロールして投げる。石岡第一では俊足の岡崎黎人選手、セカンドで攻守に活躍を見せる塚本圭一郎選手も、昨年の甲子園出場の財産で成長を見せる。

明秀日立の久保田翔太選手は、強打のスラッガーの系譜を引き継ぐ選手で、打率も残せるようになった器用さもある。しっかりと自分のバッティングフォームを頭で描けて直せる選手。日立一の大坂達也選手は190cm92kgの大きな体が特徴で、見合ったパワーを見せて行きたい。

2年生では霞ヶ浦の飯塚恒介選手、宮崎莉汰選手も1年生でレギュラーとして起用されながら成長をしている。飯塚選手は甲子園で3安打を記録し、宮崎選手は主砲として期待される。土浦日大の菅野樹紀捕手は182cmの大型捕手でセカンドの送球も速い。

明秀日立の佐藤紅琉投手は、1年時から130キロ後半を記録し、チームの柱として投げている。取手一の塩月優也選手は、強肩強打の捕手でチームの柱。つくば秀英の賀喜遼介選手は、父親は松下電器のエースで、姉は乃木坂46で活躍をしている。

2020年度以降-高校生-茨城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント