宮城県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

宮城県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

仙台育英とそれ以外に分けた方が良いかもしれないほど、仙台育英に選手が集まる。185cmの入江大樹選手は、大型遊撃手としてプロが注目する。打撃では場外に運ぶ目の覚めるようなあたりを見せる。プロとしてショートでやっていくにはフットワークなどさらに磨くことが必要。田中祥都選手は170cmと上背はないが、スイングスピードがずば抜けていて、右に左に痛烈なヒットを重ねていく。

向坂優太郎投手は181cmの本格派左腕、力感が無くても力のある球を投げられ、スライダーなど変化球とコンビネーションを使って三振も奪える。2年生の笹倉世凪投手は、左から149キロの速球を投げるが、昨年秋からは打者としてプレーする事が多く、3試合連続ホームランなども放っている。右の2年生・伊藤樹投手も146キロの速球を投げ次期エース候補、186cm90kgの千葉倖生投手も150キロを目指して練習を続けている。

大崎中央の氏家蓮投手は最速151キロを記録した。試合ではまだ痛打を浴びる事が多く、これからこの球速を生かしたピッチングを磨いていく段階に入る。

その他の選手

東北高校の佐藤琉河捕手は182cmの大型捕手で、1年時から実戦経験を積んでいる。萱原蒼太選手は遠投115mの強肩と50m6.2秒の足があり、高校通算39本塁打と長打力もある。岩渕駿投手もスリークォーターから130キロ中盤の速球と多彩変化球を投げる。

仙台商は2年時にエースとして投げていた左腕の濱田優斗投手が、左肩痛で離脱をしていたが夏に復活を目指す。2年生の斎賢矢投手はサイドハンドからキレの良い球で、昨秋の東北大会で青森山田を4安打1失点に抑えた。長打力がありアベレージを残せる千葉滉太選手という打の中心もいる。

仙台城南はエースの阿部伶桜投手がシュートを武器に好投し、外野手の高橋陸翔投手がリリーフで142キロの速球を投げ、昨秋東北大会ベスト4進出を果たした。東北学院の伊藤翔投手も184cm90kgの体から130キロ中盤を記録し、1年時から期待されてきた。また井上聖南投手も力のある球を投げる。

石巻工の佐藤朋輝選手は、182cmの上背がある右腕投手で、打撃も良い。古川工業の岩崎祐成選手も左のエースとしてテンポの良い投球をし、打撃でも中心となっている。東北学院榴ヶ岡の石村友汰選手は、180cm65kgながら宮城球場のレフトスタンド中段に運ぶホームランを見せ、日ヶ久保温投手もキレの良い速球を投げる左腕投手と注目される。

東陵の佐藤柳之介投手も180cmの左腕でキレの良い球を投げ、ライバルから警戒される。松島高校の安倍聖矢選手も、県屈指の長打力と注目される。

ただし仙台育英には3年生でも144キロ右腕の阿部恋投手、140キロの菅原天斗投手、2年生でも140キロの吉野蓮投手、1年生でも143キロを投げる左腕の古川翼投手がおり、どの投手も他のチームjならばエースとして投げていそうな投手がそろう。野手でも注目選手は多く、戦力で他のチームを圧倒している。

2020年度以降-高校生-宮城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント