石川県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

石川県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

昨年夏の甲子園を経験した星稜のメンバーが頭一つ抜けている。内山壮真選手は遊撃手、捕手としての評価も非常に高く、プロでもどちらでもできそう。ただし身体能力を生かす意味ではショートで将来が見えそうだ。打撃も強い打球で高校通算30本塁打、広島・小園選手のようにパンチ力でもアピールできる選手になりそうだ。

185cm87kgのパワーあふれる打撃の今井秀輔選手や、走攻守に外野手の頭を越す当たりが代名詞の知田爽汰選手、170cmながら昨夏甲子園で奥川投手が登板しない時に好投を見せた荻原吟哉投手などは、大学野球でも即戦力の逸材だろう。

その中で186cmから146キロを投げる寺西成騎投手は、好不調の波があるものの良い時の球はプロに入ってもおかしくない。パワーでは負けないのが日本航空石川の嘉手苅浩太選手で、190cm100kgから147キロを投げる。打撃でも能力が高い。また、遊学館の高田竜星投手も174cmだが回転の良い145キロの速球の評価が高い。

その他の選手

日本航空石川の井口太陽選手は、セカンドを守り、盗塁をしっかりと決められる選手で、ホームランもしっかりと打てるパンチ力がある。中谷仁人捕手はセカンドまで1.8秒台の送球が冴え、打撃では粘りを見せる。エースの田中颯希投手も180cmから143キロを記録、ただし昨年は130キロ中盤のレンジで、星稜打線の打ちごろになっている所もある。常時140キロに上げて行きたい。

小松大谷の中津大和選手は、ショートでの抜群の守備力が評価されており、昨年の県大会では決勝まで16打数12安打のコツコツとヒットを積み重ねる打撃もある。寺井高校の荒木駿之介選手は打撃が良く、投手として力のある球を投げる。

星稜では花牟礼優選手も1番バッターとしてセンスが良く、長打力もある。

金沢龍谷の川崎翔陽投手は最速148キロを記録する。投球は荒々しく、バッターの顔付近の球も多いが、手を出してしまう勢いがあった。金沢高校の小寺啓太投手は173cmの右腕で、迫力あるフォームから最速139キロを記録、金沢商の甲斐舜一郎投手も140キロのストレートを勢いよく投げ込む。金沢泉丘の寺下佳孝投手は181cmの右腕で下級生時代から期待されていた。球速がどこまで伸びているか。

羽咋高校の近藤龍椰投手は強い球が魅力の左腕で、クロスファイアを投げてくる。羽咋工の河合克樹投手はキレの良いスライダーを投げる左腕投手。羽咋工の林竜生選手は160cmと小柄だがしっかりしたスイングで広角にヒットを打ち主軸を打つ。

星稜では花牟礼優選手も1番バッターとしてセンスが良く長打力もある。2年生の中田達也選手は打撃のパワーは全国区、他にも2年生には黒川怜遠選手、中谷大翔選手、吉田竣希選手や、1年生で138キロの速球を投げるマーガード真偉輝投手など、次期レギュラー候補が控える。

ただし遊学館も2年生のエース候補・土倉瑠依斗投手、金沢龍谷も181cmから135キロを投げる井上透摩投手がおり、日本航空石川もすでに主軸を打ち素晴らしい打撃を見せる石井幸希選手がいる。星稜に楽に甲子園には進ませない。

2020年度以降-高校生-石川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント