静岡県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

静岡県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

最速148キロの速球を投げる左腕の高田琢登投手(静岡商)は、ストレートでも鋭い変化球でも空振りが奪え、手も足も出ない投球をする。昨秋に10失点をしてしまったが、それからの成長に注目したい。ドラフト上位指名の可能性がある。

磐田東の二俣翔一選手は、投げては144キロの強肩で、セカンドまで常時1.9秒台を記録する捕手。打撃にもスカウトが注目しており、フルスイングからのホームランは大きな魅力。ドラフト会議での指名は確実とみられる。

静岡高校の相羽寛太選手は、1年時から遊撃手として華麗な守備を見せ、また打撃も年々パワーはついてきているのが分かる感じ。プロのラインを越えることができそうだ。

その他の選手

投手では加藤学園の肥沼竣投手が、180cmから143キロの速球を投げ、センバツで登板していたら注目投手になっていたかもしれない。浜松工の杉田蒼希投手も181cmから130キロ後半の速球を投げ、インコースにしっかりと強い球を投げ込める。カーブでタイミングを外し、打ちにくい投手。

浜松開誠館の長屋竣大投手も今年6月に最速144キロを記録し成長している。常葉大菊川のイヤムオリン投手も高い身体能力を持ち、投げては143キロ、走っても50m6.1秒の足を見せる。誠恵のアスベルリュウ投手も182cmから140キロを投げ、50m6.1秒の足に高校通算15本の長打力を見せる。

知徳の葉桐響投手も昨秋に5試合を投げぬいた135キロ右腕。常葉橘の脇水大翔投手は、折りたたまれた左腕からキレの良いストレートを投げる。浜松東の鈴木快選手もキレの良い球を投げ、外野では広い守備範囲を見せる。浜松湖北の北沢勇都投手は187cmの大型左腕、静岡のエース・松本蓮投手も昨夏の甲子園で好投をした左腕。三島南の谷口蓮投手も140キロを記録し昨夏の実績も十分。

静岡高校ではセカンドを守り、50m5.9秒の足を見せる神谷侑征選手の楽しみな存在、駿河総合の安本敬選手も50m5.9秒を記録し、浜松商の鈴木涼介選手は50m5.8秒を記録する。高校通算19本塁打の長打力も見せる。静岡市立の金子大悟選手も走塁に鋭さがあり積極的に先の塁に進む。常葉大橘の櫻庭樹士選手も50m6.0秒の俊足を誇り、広角にヒットを打つ技術もある。掛川西の石川大晴選手も50m6.0秒の足で外野の守備範囲が広い。

御殿場西の内海壮太選手は183cmの右のスラッガー、浜松商の山本陸来選手も183cm89kgの体から軽々と打球をスタンドに運ぶ長打力が魅力、浜松西の西尾龍治選手も2年までに高校通算14本塁打の長打力があり、セカンドまで1.9秒の強肩捕手としても注目される。加藤学園の大村善将選手は、172cmながら高校通算15本塁打で、静岡商の高田投手、静岡の松本投手などからホームランを打つ。藤枝明誠の齊藤龍幸選手も破壊力ある打撃を見せる。

掛川西では守備に定評のある大畑涼介選手、177cm95kgの右のスラッガー・漢人律輝選手なども期待される。

2年生でも、静岡高校の高須 大雅投手は189cmから投げ下ろす右腕、磐田東の水野琉唯投手も139キロの速球を投げ、加藤学園の吉村海音選手も最速139キロの球が注目される。掛川西の柴田優作選手は50m5.8秒を記録し、中山一輝選手も171cmながら85kgの強打の捕手として期待。

2020年度以降-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント