島根県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

島根県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

開星の山本大斗選手は、183cm88kgの右の大砲で、高校通算25本塁打を越す長打力に、遠投110mの強肩外野手。山陰NO.1のスラッガーとして、プロ複数球団が注目する選手で、プロ志望をすれば確実にドラフト会議で指名がありそうだ。

石見智翠館の佐藤辰憲投手は、180cm80kgから最速147キロの速球を投げる。キレの良いスライダーも投げ、こちらもプロが注目する。また石見智翠館では京極翔也投手と中山広大投手も145キロに到達しており、誰がいつ150キロを出してくるか、秒読み段階に入っているかもしれない。

他にも立正大淞南の佐藤文彰選手は、高い弾道のホームランで高校通算30本を超え、谷川唯人捕手はセカンドまで1.87秒の肩と、足も使えるセンスを持ち、三宅海夢投手も140キロ中盤の速球を投げており150キロ到達間近。

浜田高校の波田野大愛選手も、打球の角度が良く、長打を打てる技術が評価されプロが注目している。

その他の選手

開星ではダイナミックなスイングから長打を放つ神庭陽倫選手、180cm85kgの体で中距離から長距離を打てて打率も残す西原凜選手、巧みな打撃の左バッター・内藤叶夢選手の強力打線に、右の岸田将太投手、左の岡山倖樹投手は、それぞれバッターのインコースへしっかり投げられる制球力の高い投手。

石見智翠館にも他に、打撃に力があり、県内の速球派のストレートにも負けないスイングを見せる南斗真選手、投球に対し柔軟に対応して左右にヒットを打つ河本響選手、名田泰基選手、そして145キロ超投手の球を受け続ける天野輝一捕手も期待される。

立正大淞南でも三宅投手よりも安定感があり起用される福島来依投手がいる。浜田高校も174cmから130キロ後半の速球を投げる佐々木駿平投手、右サイドハンドから強い球を投げる野崎直哉投手、角度のあるストレートを投げる五百蔵丈琉投手と多彩。春木智成選手も小柄だが長打力を見せる。

矢上高校の上田寛人投手は、173cm85kgの体で、投げては141キロの速球を投げ、県トップクラスと評価、打撃でも中心バッターとして強打を見せる。ショートの秋田成輝選手は守備に定評があり、福田駿選手は俊足外野手。松江北の大原一真投手はコーナーを突く投球ができる左腕、同じく左腕の中尾陽斗投手はきれいなフォームが魅力、1年から主軸を任された山本大貴選手が打線に中心に座る。

平田高校も135キロの速球を投げる古川雅也投手に、力のあるストレートで押しこむ高橋大樹投手、高い野球センスと身体能力を見せる保科陽太選手が注目される。出雲西も強肩強打の石飛智洋選手、力のあるストレートで真っ向勝負の中田敬人投手、多彩な変化球を投げ、打撃も良い布野迅人選手がいる。

他に投手では、出雲農林の岡田天翔投手が、回転の良いストレートを投げ、石見智翠館を抑えた投球が印象的で、県内強豪が警戒する。

出雲高校の青木幹太選手はインコースアウトコースもしっかりと捌ける巧打のバッター。安来の木戸駿太選手は逆方向にも放り込む力の技術のある選手。島原中央の浅野秀平選手はシャープなスイングで外野の頭を越す打球を打つ。

益田東の木本泰聖選手は走攻守3拍子揃った選手、大社の澤尾兆治選手はショートで県屈指と注目される。

2020年度以降-高校生-島根県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント